個人投資家向け 株価情報NAVI

マーケット情報
日本 日経平均株価 23,354.40+54.31 (12/06 15:15)
ドル/円 米ドル/円 108.56-0.21 (12/07 06:30)

株ニュース

No.826「手を振って」

2019/11/19

週明けのNY株式市場で主要3指数は続伸。
NYダウは今月8回目の史上最高値更新となった。
NASDAQ総合株価指数、S&P500指数も続伸。
連日の過去最高値更新となった。
「米中の貿易協議の行方を見極めたいとして方向感に乏しい展開。
業績期待が高い銘柄中心に買いが入り指数を押し上げた」との解釈だ。
動画配信サービスを開始したディズニー、収益悪化懸念後退からユナイテッドヘルスが上昇。
原油価格の下落からエネルギーセクターは軟調。
米政府が中国ファーウェイに対する米国製品の禁輸措置の猶予期間を再び90日間延長したことを好感。
一方でCNBCが「中国政府が米国との通商合意を巡り悲観的なムードになっている」と報道。
債券市場では米中通商協議に対する懐疑的な見方が再び台頭したことで国債が買われた。
10年債と30年債の利回りが一時2週間ぶりの水準に低下。
一方で「通商問題を巡って市場は極めて忍耐強く対応しており米中がいつかは合意すると楽観的にみている」という声もある。
10年国債利回りは一時1.795%、2年国債利回りは一時1.596%に低下した。
ドルは対円や対ユーロで下落。
12月12日の英総選挙で与党・保守党が過半数の支持を得るとの見方からポンドは上昇。
恐怖と欲望指数は87→83に低下。

週明けの日経平均は寄り付き1円高、一時は下落したもののすぐに切り返し大引け113円高と続伸。
日足は上ヒゲがほとんどない小陽線とはいえ2日連続の陽線。
後場の値幅は63円と上値は重かったがそれでも高値圏での引け。
「陽の大引け坊主に近く投資家の強い上昇期待感を表している」という見方もある。
先週末2日続けて上値を抑えられた5日移動平均線(23,340円30銭)を上抜けしたことは明るい材料だ。
11月SQ値23,637円は7日続けて「幻」
香港情勢緊迫化が警戒されたもののハンセン指数は1.34%の続伸。
これが効いた格好だ。
東証1部の売買代金は1兆9,051億円と10月28日以来の2兆円割れ。
「決算発表が一巡し、途端に手掛かりがなくなった市場は一服」という解釈だ。
値上がり1,090銘柄、値下がり973銘柄。
新高値96銘柄。
新安は6銘柄に減少。
騰落レシオは127.39とほぼ変わらず。
NTレシオは13.77倍。
25日線(22,858円)からは2.44%、200日線(21,496円)からは8.93%のプラスかい離。
サイコロは8勝54で66.7%。
松井証券信用評価損益率速報で売り方▲14.192% 。
買い方▲7.583%。
マザーズ銘柄ネットストック信用評価損益率で売り方▲4.634%。
買い方▲14.581%。
空売り比率は39.4%と2日連続40%割れ。
空売り規制なし銘柄の比率は5.6%。
日経HVは9.6、日経VIは14.37。
日経平均採用銘柄のPERは14.04倍。
EPSは1,667円。
PBRは1.15倍。
BPSは20,362円。
シカゴ225先物終値は大証日中比5円安の23,395円。
高値23,495円、安値23,270円。
ボリンジャーのプラス1σが23,357円、プラス2σが23,855円。
プラス1σのサポートが効くかどうかが課題だ。
気学では「後場に大動きする日。前止めの足取りに注意」
水曜は「初め安いと後高の日」
木曜は「高下激しく初高後安。但し下放れたら小底」
金曜は「変化日。前場引け尻の足取りに注意肝要」
水星は20日(水)に順行。
21日(木)は「大幅高の日」
週末22日(金)が「上げの日」且つ「変化日」
長い目では週足の一目均衡は4月24日に白くねじれている。
「8日高値23,591円も射程圏。23,500円にリトライ」だ。
先週まで12週連続上昇中の火曜日。

早朝の半蔵門線のとある駅。
ホームを出て行った電車の後ろ姿に手を振る駅員さんの姿。
電車に対する愛情が感じられた。
どういえば、羽田などの空港でも常にターミナルを離れた飛行機に向かって手を振る整備員さんたちの姿。
あそこにも航空機に対する愛情と安全に対する願いが感じられる。
株式市場はそんな感情があるのかないのか。
儲かった銘柄を忘れてしまうこともあるだろうし、損した銘柄には罵詈雑言。
そうじゃなくて、やはり覚悟と愛情が必要な気がする。

NYダウは31ドル高の28,036ドルと続伸。
NASDAQは9ポイント高の8,549ポイントと続伸。
S&P500は1ポイント高の3,122ポイントと5日続伸。
ダウ輸送株指数は2ポイント高の10,879ポイント。
SOX指数は0.23%の上昇。
VIX指数は12.46。
225先物CME円建ては大証日中比5円安の23,395円。
ドル建ては大証比日中比変わらずの23,400円。
大証夜間取引終値は日中比20円安の23,380円。
ドル円は108.76円。
10年国債利回りは1.81%。
2年国債利回りは1.61%。

テクニカル的にはサカタのタネ(1377)、M&A(2127)、
NJS(2325)、エスプール(2471)、伊藤園(2593)、
キーコーヒー(2594)、ヨシムラF(2884)、トヨタ紡(3116)、
シュッピン(3179)、コーエー(3635)、ファインデクス(3649)、
ティーガイア(3738)、パイプド(3919)、ステラケミ(4109)、
イーソル(4420)、大幸薬品(4574)、サニックス(4651)、
フォーカスS(4662)、オービック(4684)、TDC(4687)、
CTC(4739)、CIJ(4826)、コタ(4923)、
ニチレキ(5011)、日山硝子(5210)、イソライト(5358)、
日立金(5486)、OSJB(5912)、ジーテクト(5970)、
ソディック(6143)、SMN(6165)、イワキポンプ(6237)、
グローリー(6457)、山洋電(6516)、ベイカレ(6532)、
QBネ(6571)、富士通(6702)、ホシデン(6804)、
スミダ(6817)、電子材料(6855)、太陽誘電(6976)、
モーゲージ(7192)、アルゴグラフ(7595)、スクリン(7735)、
サンワテク(8137)、地銀セクター、レオパ(8848)、
京成(9009)、渋沢倉(9304)、ワイヤレス(9419)、
クロップス(9428)、NTT(9432)、KDDI(9433)、
JKHD(9896)、プレナス(9945)が動兆。

◇━━━トラッキング━━━◇
・・・7%上昇はタッチ、5%下落はロスカット(18日終値)
11/01★ファンケル(4921)3,050円→3,045円 調整
11/05☆ロート(4527)3,250円→3,475円 堅調
11/06◆インフォネット(4444)1,732円→1,569円 ロスカット
11/07★ヒビノ(2469)2,404円→2,333円 調整
11/08★テンポイノ(3484)1,650円→1,631円 調整
11/11◇ライトアップ(6580)1,275円→1,382円 タッチ
11/13★フレアス(7062)1,361円→1,351円 調整
11/14☆LTS(6560)1,368円→1,433円 堅調
11/15☆リオン(6823)2,515円→2,600円 堅調
11/18★森六(4249)2,472円→2,440円 調整

 

TOP