個人投資家向け 株価情報NAVI

マーケット情報
ドル/円 米ドル/円 108.62+0.07 (11/21 06:32)

株ニュース

寄前「日経レバの逆日歩は70円。貸借倍率0.13倍」

2019/10/17

「株高の特異日」の水曜の日経平均は寄り付き272円高、終値265円高。4日続伸ながら日足は6日ぶりの陰線。4月25日に付けた年初来高値(22,307円)を一気に更新した。これで水曜は5週間ぶりの上昇。

「実体は値幅7円の極小線。上ヒゲが長く見るからに天井っぽい。おまけにマドが3つ。三空売り向かえと読めなくもない」という見方もある。4日で1,016円(4.7%)上昇。

この間ファーストリテイリングは約7,000円(11.3%)上昇。日経平均の急伸を支えたのがこの銘柄。水曜も91円分はこの銘柄の上昇が貢献した。

東証1部の売買代金は2兆4,997億円。値上がり1,513銘柄。値下がり561銘柄。新高値195銘柄。新安値4銘柄。
騰落レシオは139.31と小幅に上昇。

日経平均とTOPIXはそろって終値ベースで年初来高値を更新。9月にTOPIXがザラ場ベースでの年初来高値を更新したもののもうひと伸びできずに全体がいったん崩れた経緯がある。「さほど間を置かずに終値で高値を更新できたことは好感」という見方もある。マザーズ指数とジャスダック平均は下落。

10月SQ値21,842円に対しては2勝1敗と勝ち越し。NTレシオは13.77倍。25日線からは3.1%、200日線からは5.9%のプラスかい離。サイコロは7勝5敗で58.3%。

松井証券信用評価損益率速報で売り方▲12.405%。買い方▲8.943%。
マザーズ銘柄ネットストック信用評価損益率で売り方プラス1.251%。買い方▲17.254%。
空売り比率は41.7%(前日40.4%)と146日連続の40%超。
10月11日時点の信用売り残は92億円減の9,116億円。同信用買い残は112億円減の2兆1,403億円。

日経HVは13.1、日経VIは15.71。東証REIT指数は4日ぶりの反発。日経平均採用銘柄のPERは12.73倍。EPSは1,765円と増加(前日1,756円)。PBRは1.10倍でBPSは20,245円。益回りは7.86%に低下。

シカゴ225先物終値は大証日中比30円高の22,520円。高値22,610円、安値22,425円。
水曜のボリンジャーのプラス1σが22,094円。プラス2σが22,396円。プラス3σが22,698円。日足の勝手雲は今日黒くねじれて29日に白くねじれる。24か月線(21,924円)は回復。

月足陽線基準は21,885円。週足陽線基準は22,472円。目指すは昨年12月高値22,698円と考えたい。

気学では「一方に偏して動く日。足取りについて駆け引き」。
金曜は「前場の足取りに反して動く日」。

窓を3つ空けた「3空」。最後が上ヒゲの長い陰線なのが気にかかる。しかし紙芝居チックには型は悪くない。
25日線(21,792円)から4%プラスかい離は22,663円。5%プラスかい離は22,881円。
今年18勝20敗と負け越しの木曜日。15日時点の日経レバの逆日歩は70円。信用倍率0.13倍。まだ売り方はキツイ状態。

 

TOP