個人投資家向け 株価情報NAVI

マーケット情報
日本 日経平均株価 22,451.86-21.06 (10/17 15:15)
ドル/円 米ドル/円 108.88+0.12 (10/17 18:43)

株ニュース

寄前「気学の後場不二高を見る日に期待」

2019/09/17

終値ベ―スでは4月26日以来4カ月半ぶりの高値で令和の最高値。ザラバは一時22,019円まで上昇し5月7日以来の22,000円台を回復した場面もあった。

9日続伸は2017年10月2日→24日の16連騰以来、約2年ぶり。9日続伸での上昇幅は1,368円となった。米中貿易協議の進展期待が高まっているうえ、米国で中間層への減税政策など新たな景気刺激策の観測が浮上。ECBが3年半ぶりの金融緩和に踏み切り円安・ドル高が進んだことも追い風。

SQ値21,981円09銭を終値で上回りSQ値が幻でなく強いサインとなった。TOPIXは7日続伸。

東証1部の売買代金は3兆3,348億円で今年最大。値上がり1,555銘柄。値下がり527銘柄。
新高値106銘柄(前日113銘柄)、新安値5銘柄(前日4銘柄)。騰落レシオは124.04。

日経平均は週間で788円の上昇。週足は4週連続陽線。NT倍率は13.66倍。
25日線(20,816円)からは5.4%、200日線(21,213円)からは3.7%のプラスかい離。

松井証券信用評価損益率速報で売り方▲10.979%。買い方▲9.392%。
マザーズ銘柄ネットストック信用評価損益率で売り方▲2.162%。買い方▲18.364%。
空売り比率は47.0%。126日連続40%超。規制なし銘柄の比率は12.3%と上昇。

日経HVは14.2、日経VIは16.31。日経平均採用銘柄のPERは12.51倍でEPSは1,757円。PBRは1.10倍でBPSは19,989円。益回りは8.06%→7.99%に低下。

ドル建て日経平均は204.48。3日連続の200ポイント台キープ。
週末の225先物大証夜間取引終値は日中比80円高の21,880円。
シカゴ225先物終値は大証日中比55円安の21,745円。高値21,805円、安値21,625円。
13週線(21,221円)、26週線(21,331円)、52週線(21,475円)は大きく上抜けた。24か月線(21,943円)も5カ月ぶりに回復。

週足の一目均衡の雲の上限(21,698円)も5週間ぶりに回復。週足のボリンジャーのプラス2σが22,152円、プラス3σが22,617円。日足のボリンジャーのプラス3σが22,176円。

200日線が微かに上向いたのは強いサイン。200日線の上向きは昨年10月11日以来ほぼ1年ぶりだ。5月7日のマド(21,875円)を埋めその先は4月15日のマド(22,102円)。4月24日高値は22,362円だ。「1噴き3ヶ月で3,000円」なんて言葉も登場してこようか。

気学では「後場、不二高をみる日。押し目かい良し」。
水曜は「上放れ売り突っ込み買いの逆張り方針で駆け引きせよ」。
木曜は「半か注意日。後場の足取りに注意肝要」。
金曜は「下放れると後場は戻す日。悪目買い方針」。

 

TOP