個人投資家向け 株価情報NAVI

マーケット情報
日本 日経平均株価 22,079.09+34.64 (09/20 15:15)
ドル/円 米ドル/円 107.57-0.47 (09/21 06:07)

株ニュース

寄前「買いたい弱気も」

2019/08/20

週明けの日経平均は寄り付き172円高、終値144円高と3ケタ上昇での続伸。ただ残念ながら日足は陰線。先週開けたマドの20,581円は終値ベースでは上回れなかった。月曜の窓は20,465円ー20,502円。日経平均は4日ぶりに5日線(20,499円)を上回った。8月に入って5日線を終値で上回ったのは3度目。過去2回(9日、14日)はいずれも翌日に200円超の下落だったというのが経緯。

東証1部の売買代金は1兆5,433億円と今年4番目の低水準。「閑散に売りなし上昇意欲もなし」という空虚な声も聞こえた。値上がり1,518銘柄、値下がり515銘柄。新高値35銘柄、新安値34銘柄と指数上昇の割には拮抗。

騰落レシオは81.20と横ばい。NTレシオは13.76倍。ドル建て日経平均は16日連続の200ポイント割れ。25日線からは2.7%、200日線からは3.5%のマイナスかい離。サイコロは6勝6敗で50%。

松井証券信用評価損益率速報で売り方▲7.761%。買い方▲13.273%。
マザーズ銘柄ネットストック信用評価損益率で売り方▲3.604%。買い方▲18.446%。
空売り比率は46.7%で17日連続40%超。

日経HVは13.7、日経VIは20.43。東証REIT指数は2,081ポイントで7日続伸。日経平均採用銘柄のPERは11.64倍でEPSは1,766円。PBRは1.02倍。

シカゴ225先物終値は大証日中比55円高の20,635円。高値20,685円、安値20,475円。8月SQ値20,855円をうかがえる場所まで来た格好。今月のマドをたどれば20,581円ー20,676円ー20,960円ー21,288円。この21,288円が月足陽線基準だ。

昨日上値を抑えたボリンジャーのマイナス1σが20,635円。その先は25日線の21,137円。下のマイナス2σが20,134円だからこれは遠い。昨日白くねじれた一目均衡の雲は9月12日まで白い。

そして黒いねじれは9月12日。勝手雲の下限は20,813円、上限は20,966円。3週連続の週足陰線を否定して欲しい週。

気学では「後場高の日なれど上放れた時は売り狙え」。
水曜は「後場不時高をみる日。悪目あれば買い狙え」。
木曜は「案外弱き日なり。戻り売り方針良し」。
金曜は「高下しても結局安き日。吹き値売り狙え」。

ゴールドマン・サックス証券が12ヵ月後の日経平均株価の予想を22,600円→22,000円に引き下げ。同TOPIXは1,675→1,600に下方修正。

理由は「大統領選挙前の米中通商合意はないとの見方に転じた。FRBによる年内の予想利下げ幅を従来の0.5%→0.75%に引き上げ一段の円高進行を予想」。
「買いたい弱気」という気がしないでもない。

 

TOP