個人投資家向け 株価情報NAVI

マーケット情報
日本 日経平均株価 23,520.01+188.17 (11/12 15:15)
ドル/円 米ドル/円 109.23+0.22 (11/12 17:27)

株ニュース

No.701「水星の逆行になど負けていられない」

2019/07/09

週明けのNY株式市場は続落。
「独立記念日の翌日だった5日は休暇を取った投資家が多く週明け8日も売り優勢。
主要株価指数は過去最高値を更新しており、目先の利益を確定する売りも出やすかった」との解釈だ。
悪役はアップルとボーイング。
アップルはローゼンブラット証券のアナリストが投資判断を「中立」から「売り」に引き下げ。
理由はアイフォンの販売低調。
ボーイングは「737MAX」の購入契約をサウジアラビア航空会社が取り消したと報じられ下落。
2銘柄でNYダウを約60ドル引き下げた。
大規模なリストラを発表したドイツ銀行の米預託証券(ADR)が大幅に下落。
金融セクターの軟調の背景となった。
サッカー女子ワールドカップで米国代表が優勝したことからジャージを供給するナイキは上昇。
ダウ輸送株指数は0.65%下落。
SOX指数は0.77%下落。
債券相場は続落。
長期金利の指標となる表面利率2.375%の10年国債利回りは前週末比0.01%高い(価格は安い)2.04%。
ドル円は108円台後半。
一時108円81銭と5月末以来ほぼ1カ月ぶりの円安・ドル高水準を付けた場面もあった。
パウエルFRB議長の議会証言を控えて様子見ムードが強いなか持ち高調整目的の円売り・ドル買いがやや優勢となった。
VIX指数は13.96に上昇。
SKEW指数は121.42に低下。
恐怖と欲望指数は59ポイント。

週明けの日経平均株価は寄り付き81円安、大引け212円安とほぼ安値引けで反落。
NY安、ETF分配金の売りなどの解釈で一時21,500円割れもあった。
上海が2%超の下落となったのも響いた格好。
200日線を下回りチャート形状は悪化。
「6月28日と7月1日のマドを埋める動きに入ってきた。
28日終値は21,275円」という声もある。
上の島とつながる方向が下の島とつながりそうになってきた。
7月FOMCでの0.5%の利下げ期待が後退。
10日予定のパウエルFRB議長の議会証言を前に一段と利下げ見通しに不透明感が強くなった。
株安トレンドながら利下げ回避は景気良好の裏返しであり良好なサインとも考えたいところだ。
「S&P500の200日線からの上方かい離が7.6%まで拡大。
やや買われ過ぎの水準訂正」という見方の方が健全だろう。
「金利上昇には円安・ドル高反応。日本株にとっては下支え要因」というのがマトモな思考法だ。
日経平均は75日線(21,434円)と6月27日高値(21,338円)が一応下の目安だ。
東証1部の売買代金は1兆6,953億円。
値上がり402銘柄、値下がり1,676銘柄。
新高値82銘柄、新安値5銘柄。
騰落レシオは122.70。
NTレシオは13.64倍。
25日線からは1.4%のプラスかい離。
200日線からは0.3%のマイナスかい離。
サイコロは6勝6敗で50%。
松井証券信用評価損益率速報で売り方▲9.203%。
買い方▲9.739%。
マザーズ銘柄ネットストック信用評価損益率で売り方▲7.025%。
買い方▲13.709%。
空売り比率は49.7%で81日連続40%超。
空売り規制なし銘柄の比率は7.9%。
日経HVは12.8、日経VIは14.39。
東証REIT指数は7日ぶりの反落。
日経平均採用銘柄のPERは12.09倍でEPSは1,781円。
PBRは1.08倍。
シカゴ22先物終値は大証日中比55円高の21,585円。
高値21,720円、安値21,465円
気学では「押し目買いの日。後場急騰したら利入れ方針良し」
水曜は「後場にかけて良く動く日。前日の足取りにつけ」
木曜は「不時高、不二安を見せる逆行日」
金曜は「変化激しい日。逆張り方針で駆け引きせよ」
気学では月曜は「下げ来りて尚安きは小底入れを見る日」だった。
この「小底入れ」が妙に脳裏に残る。
アノマリー的には昨日は「変化日」そして今日は「株高の特異日」、明日は「株安の日」だ。
「水星の逆行になど負けていられない」という声もある。

NYダウは115ドル安の26,806ドルと続落。
NASDAQは63ポイント安の8,161ポイント。
S&P500は14ポイント安の2,975ポイント。
ダウ輸送株指数は68ポイント安の10,416ポイント。
SOX指数は0.77%下落。
VIX指数は13.96。
3市場の売買高は57.4億株。
225先物CME円建ては大証日中比55円高の21,585円。
ドル建ては大証比65ポイント高の21,595ポイント。
大証夜間取引終値は日中比60円高の21,590円。
ドル円は108.74円。
10年国債利回りは2.047%。

225先物はバークレイズ・アムロ・JP・ソジェン・UBS・大和が買い越し。
三菱・クレディ・みずほ・パリバ・野村が売り越し。
TOPIX先物は大和・ソジェン・バークレイズ・JP・日興が買い越し。
メリル・UBS・三菱・モルスタ・クレディ・みずほ・野村が売り越し。

テクニカル的には朝日工業(1975)、ディップ(2379)、
JSB(3480)、PRTIMES(3922)、ニーズウェル(3992)、
有機薬(4531)、リソー教育(4714)、TOYO(5105)、
LITARICO(6187)、ルネサス(6723)、ジェイリース(7187)、
ポプラ(7601)、田中商事(7619)、象印(7965)、
ヤマトインタ(8127)、大光銀(8537)、ゲンキードラ(9267)、
内外トラ(9384)、いであ(9768)が動兆。

◇━━━トラッキング━━━◇
…7%上昇はタッチ、5%下落はロスカット(8日終値)
6/17★昭和電工(4004)3,090円→3,075円 調整
6/19◆メディアドゥ(3678)3,315円→3,525円 ロスカット
6/20★セグエG(3968)1,430円→1,333円 調整
6/26◇応化工(4186)3,190円→3,385円 タッチ
6/27◇ハウテレビ(7064)3,120円→3,250円 タッチ
6/28☆and fac(7035)3,940円→3,960円 堅調
7/01☆サムティ(3244)1,648円→1,680円 堅調
7/03★グレイス(6541)2,585円→2,509円 調整
7/04☆NTT(9432)5,109円→5,124円 堅調
7/08★ウェルビー(6556)1,893円→1,871円 調整

 

TOP