個人投資家向け 株価情報NAVI

マーケット情報
日本 日経平均株価 21,668.20+251.41 (07/23 14:17)
ドル/円 米ドル/円 108.15+0.28 (07/23 14:16)

株ニュース

No.641「西向く」

2019/05/13

福岡遠征のため後場編はお休みさせていただきます》

週末のNY株式は上下に振れて結局反発。
NYダウ平均株価は一時300ドル超の下落から終値は114ドル高。
米中通商協議は建設的だったとトランプ大統領らが一方的に明らかにしたこと好感した格好だ。
週間ではNYダウが2.12%。S&P500が2.17%、NASDAQは3.03%安。
年初来の大幅な下落となった。
4月の消費者物価指数(CPI、季節調整済み)は前月比0.3%上昇。
基調的な物価は小幅な伸びでFRBはしばらく金利を据え置くとの市場の感想だ。
トランプ大統領は「素晴らしいCPIが出た。非常に良好でインフレが極めて低い」とツイート。
10年国債利回りは2.47%台と5週間ぶりの低水準。
ドル円は109円台後半。
米中通商協議をトランプ大統領は「建設的」と評価したが実質は物別れ。
摩擦激化の恐れもあるというのがフツーの見方だろう。


週末の日経平均は寄り付き29円高、大引け57円安。
一時220円以上急落して乱高下の末の小幅安。
上海株は上昇しており他のアジア各国市場もプラス。日経平均だけが令和になっての続落4日目。
平成最後4月26日のマイナス分を加えると今年2回目の5連敗。
令和最初の週は全敗。
日経平均は週間で913円の下落。
週足は3週ぶりに陰線。
5月SQ値21,451円は終値で上回れなかった。
売買代金は3兆1,340億円。
値上がり1,055銘柄、値下がり1,004銘柄。
新高値43銘柄、新安園368銘柄。
騰落レシオは84.42。
8日25日線を割り込んでいる。
75日線(21,368円)も週末値(21,344円)で下回った。
26週線(21,224円)は一応サポート。
13週線(21,465円)を上回ることができるかがポイント。
NT倍率は13.78倍。
25日線(21,871円)からは2.4%、200日線(21,880円)からは2.5%のマイナスかい離。
松井証券信用評価損益率速報で売り方▲8.346%。買い方▲12.311%。
マザーズ銘柄ネットストック信用評価損益率で売り方▲8.727%。買い方▲19.083%。
空売り比率は49.2%で42日連続40%超。
空売り規制なし銘柄は8.2%。
Quick調査の4月26日時点の信用評価損率は▲13.6%。
日経HVは11.1、日経VIは23.79。
日経平均採用銘柄のPERは12.06倍でEPSは1,769円。
PBRは1.08倍。
シカゴ225先物終値は大証日中比180円高の21,490円。
高値21,585円、安値21,070円。
日足陰線は連続4本。
200日線は微かに下向いたが25日線が上抜くのは時間の問題。
一目均衡の雲の上限が21,349円で何とか踏みとどまった形。
逆に週足の雲の下限は22,397円。
日足の勝手雲の下限(21,659円)で上限が22,070円。
24か月線21,743円奪還が早急に欲しいところ。
ボリンジャのマイナス2σ21,218円はサポート。
マイナス1σが21,544円、逆にマイナス3σは20,892円。
気学では「相場の仕成について駆け引きせよ」
火曜は「目先の天底をつくる」
水曜は「高日柄にして押し目買いの日。飛びつき警戒」
木曜は「気味の急変をみる日なり」
金曜は「下放れすると保合、上寄りすると反落する日」
5日ぶりの日足陽線が欲しい月曜。

3月期決算集計状況。
10日時点では全体の55.5%が通過。
売上高は△7.4%、同経常利益は△3.9%、同純利益は▲1.8%。
第3四半期時点では売上高は△5.1%、同経常利益は△2.0%、同純利益は▲1.4%だった。
少しは改善している格好だ。
2020年3月通期見通しは売上高は△1.5%、同経常利益は△0.7%、同純利益は△4.2%


NYダウは114ドル高の25,942ドルと反発。
NASDAQは6ポイント高の7,916ポイント。
S&P500は10ポイント高の2,881ポイント。
ダウ輸送株指数は25ポイント安の10,602ポイント。
SOX指数は0.14%の上昇。
VIX指数は16.04。
3市場の売買高は74.4億株。
225先物CME円建ては大証日中比180円高の21,490円。
ドル建ては大証比195ポイント高の21,505ポイント。
大証夜間取引終値は日中比190円高の21,490円。
ドル円は109.94円。
10年国債利回りは2.472%。


225先物は野村・日興・ソジェン・GS・三菱・JP・パリバ・クレディが買い越し。
ドイツ・メリル・UBS・モルスタ・バークレイズ・マネ・楽天が売り越し。
TOPIX先物はパリバ・HSBC・UBS・メリル・クレディ・野村・みずほが買い越し。
ソジェン・GS・バークエイズ・モルスタが売り越し。

テクニカル的には奥村組(1833)、日本管理(3276)、
電算システム(3630)、エニグモ(3665)、アミューズ(4301)、
サイバネット(4312)、サニックス(4651)、ウチヤマ(6059)、
日工(6306)、星和電(6748)、シスメックス(6869)、
日ユニシス(8056)が動兆。

スケジュールを見てみると…

13日(月):景気動向指数
14日(火):景気ウォッチャー調査、国際収支、米輸出入物価、独ZEW景況感
15日(水):マネーストック、米小売売上高、鉱工業生産、NY連銀製造業景況感、NAHB住宅価格指数
       独GDP、中国鉱工業生産、小売売上高
16日(木):国内企業物価指数、米住宅着工件数、フィラデルフィア連銀製造業景況感
17日(金):米CB景気先行指数、ミシガン大学消費者信頼感
週末:豪州総選挙

福岡タッチ&ゴーで遠征。
西向くアノマリーは令和最初のプラスをもたらして欲しい月曜日。

◇━━━ カタリスト━━━◇
アドソル日進(3837)…動兆
アドソル日進に注目する。
同社は大企業向け大規模システムの開発が中核。
次世代自動車向けが加速。
業績は絶好調。
5Gやドローンなど先端技術向けなどに期待感。
(1,671円)

チャート

http://www.stockweather.co.jp/sw2/detail.aspx?code=3844

◇━━━トラッキング━━━◇
…7%上昇はタッチ、5%下落はロスカット
4/17◆andfact(7035)4,801円→4,470円 ロスカット
4/18◆ヒビノ(2469)2,402円→2,359円 ロスカット
4/19◆エーアイ(4388)2,035円→1,980円 ロスカット
4/22◇GMOペパポ(3633)2,740円→3,860円 タッチ
4/24◆京写(6837)375円→332円 ロスカット
4/25◇MTI(9438)650円→655円  タッチ
4/26★フロイント産業(6312)809円→806円 調整
5/08◇ETS(1789)570円→607円 タッチ
5/09★ツナググループ(6551)618円→610円 調整
5/10☆コムチュア(3844)4,100円→4,165円 堅調

 

TOP