個人投資家向け 株価情報NAVI

マーケット情報
日本 日経平均株価 22,200.56+110.44 (04/19 15:15)
ドル/円 米ドル/円 111.92-0.05 (04/20 06:30)

株ニュース

寄前「5日線を上回り図柄は美しい」

2018/12/13

寄り付き200円高で大引け454円高。一本調子で上げた「荒れる水曜」だった。
「ファーウェイ副会長の保釈。トランプ大統領の司法介入発言。米中情勢の緊迫化が緩和しそうな兆しが出たことが引き金。CTA(商品投資顧問)やヘッジファンドの買い戻し中心。売り叩いていた海外短期筋が買い戻しに動いたとの読み」との声が聞こえる。

日経平均は3日終値から約1,200円下落。454円高で37.7%の戻りとなった。「10月後半以降21,000円~22,500円レベルでのレンジ相場。レンジ下限で切り返したとも言える」という声もある。
値上がり1,867銘柄、値下がり213銘柄。新高値6銘柄、新安値131銘柄は物足りなさが残った。騰落レシオは87.79%。NT倍率は14.45倍で今年最大。
25日線(21,881円)からは1.3%、200日線(22,301円)からは3.1%のマイナスかい離。5日線(21,430円)を7日ぶりに回復したことは美しい図柄だ。

松井証券信用評価損益率速報で売り方▲6.876%。買い方▲14.929%。マザーズ銘柄ネットストック信用評価損益率で売り方 ▲2.89%。買い方▲20.5%。
Quick調査の12月7日時点の信用評価損率は▲12.54%。空売り比率は43.6%と依然高く40%は8日連続。12月7日時点の裁定買い残は586億円減の1兆1095億円。同裁定売り残は1,629億円増の7,346億円。前週は裁定売りが下落を促進していた格好だ。

日経HVは17.9、日経VIは21.5。日経平均採用銘柄のPERは12.08倍と12倍台復活。EPSは1,788円。PER12倍台割れや24ヶ月線割れは許せなかったということだ。
シカゴ225先物終値は大証日中比15円安の21,645円。高値21,825円、安値21,270円。

一目均衡の雲の影は22,710円とはるか上。週足の雲の下限は21,684円。週足ではこの数週間雲の周辺をウロチョロしている格好だ。日足勝手雲の下限は21,913円。上限は22,308円。ここは抜けて欲しいとことろ。気になるのは19日に黒くねじれていること。ボリンジャーのマイナス1σの21,520円は上回り次は25日線への挑戦。

日足連続陽線に期待の木曜日。
気学では「大突込みは底入れとなる」。
金曜は「戻り売りの日なれど下寄り突っ込みは見送れ」。

 

TOP