個人投資家向け 株価情報NAVI

マーケット情報
日本 日経平均株価 22,503.97+31.05 (10/17 11:35)
ドル/円 米ドル/円 108.76+0.01 (10/17 12:20)

株ニュース

2019/10/03

No.783「天下三不如意」
NY株式市場は大幅続落。 主要株価3指数は軒並み1日としては約6週間ぶりの大幅な下落となった。 S&P500とNYダウは約1カ月ぶりに100日移動平均線を下回った。 S&P500は足元では最高値か…

2019/10/03

寄前「21,200円台が死命線」
水曜の日経平均株価は寄り付き141円安、終値106円安。反落の展開だったが日足は2日連続の陽線。「米9月ISM製造業景気指数が約10年ぶりの弱い内容となった割には、しっかりとした動き」という見方だ。 …

2019/10/03

NY「恐怖と欲望指数は48→32に低下」
NY株式市場は大幅続落。主要株価3指数は軒並み1日としては約6週間ぶりの大幅な下落となった。 S&P500とNYダウは約1カ月ぶりに100日移動平均線を下回った。S&P500は足元では最高値から約5%…

2019/10/02

後場「反落ながら東証1部の売買代金は2兆円超え」
大引けの日経平均株価は106円63銭安の21,778円61銭と反発。 NY株の下落を受けて売り物優勢だったが下げ渋り。 下落幅は一時160円を超えた場面もあったが日中値幅は70円程度だった。 …

2019/10/02

No.782「今年もバイオウィーク」
10月のアノマリー。 ↓ 9月のドレッシング買いの建て玉が解消。 9月に高まったボラティリティが継続。 11月末に海外企業の決算。決算前に、ヘッジファンド顧客の解約が相次ぐ。 ヘッジファンドの…

2019/10/02

前場「前場の値幅は54円」
前引けの日経平均株価は142円54銭安の21,742円70銭と反落。 米ISM製造業景況感悪化を受けNY株式相場が下落したことを背景に売り先行。 もっとも、円高・ドル安進行が足元で一服たことから下を…

2019/10/02

No.781「ピンバッジ」
週明け月初のNY株式で主要指数は大幅反落。 NYダウは340ドル超の下落となった。 S&P500の下落率は約1カ月ぶりの大きさとなった。 やってくれたのはISM製造業景況感。 47.8と前月の4…

2019/10/02

寄前「ターゲットに近づいてはまた遠ざかる」
下半期スタートはプラススタート。 日経平均株価は寄り付き76円高、終値129円高で3日ぶりの反発。 日足は4日ぶりの陽線。 前日の下落幅123円を埋めたから、あとは9月権利落ち分160円を埋めれば…

2019/10/02

NY「ISMの悪化を嫌気で大幅安」
週明け月初のNY株式で主要指数は大幅反落。 NYダウは340ドル超の下落となった。 S&P500の下落率は約1カ月ぶりの大きさとなった。 やってくれたのはISM製造業景況感。 47.8と前月…

2019/10/01

後場「昨日の下落は埋めた」
大引けの日経平均株価は129円40銭高の21,185円24銭と3日ぶりの反発。 日足は4日ぶりの陽線。 一時21,900円台に乗せた場面もあったは後場は動意に乏しい展開で値幅は約40円。 米中貿易…

2019/10/01

前場「3日ぶりの反発」
前引けの日経平均株価は160円90銭高の2,916円74銭と3日ぶりの反発。 米中間の対立激化に対する過度な懸念が後退。 主力株中心に買い戻された。円安・ドル高も追い風。 消費税率が10%に引き上…

2019/10/01

No.780「まずは日銀短観からの10月」
週明け月末のNY株式は主要3指数そろって反発。 「米国市場に上場している中国企業の上場廃止を米政権が検討している」との先週の報道を米財務省広報官が否定。 ナバロ米大統領補佐官は「報道の内容の半分以上…

2019/10/01

寄前「4日ぶりの日足陽線が欲しい」
月足は陽線。終値ベースで8月末に比べて1,051円(5.1%)高、3月末比では550円(2.6%)高。逆に安値は21,666円まであり9月19日高値22,255円からは500円以上の下落。「日経平均構成…

2019/10/01

NY「そろって反発」
週明け月末のNY株式は主要3指数そろって反発。「米国市場に上場している中国企業の上場廃止を米政権が検討している」との先週の報道を米財務省広報官が否定。ナバロ米大統領補佐官は「報道の内容の半分以上がフェイ…

2019/09/30

後場「続落ながら下落幅縮小」
大引の日経平均株価は123円06銭安の21,755円84銭と続落。 米国の対中投資制限や米中貿易摩擦への警戒で投資家心理が悪化。 香港の大規模デモも発生。 景気敏感株を中心に利益確定を目的とした売…

2019/09/30

No.779「束脩」
相場は欲望の集積場。 この議論は全くない。 相場はそんな下賤なものではないという思い込みのせいだろうか。 逆に言えばそんなに高級なものではない。 それでも、形而下的存在を形而上的存在にカモフラー…

2019/09/30

前場「続落」
前場の日経平均株価は98円70銭安の21,780円20銭と続落。 トランプ政権が検討していると報じられた対中投資制限に対する警戒から投資家心理が悪化。 前週末に香港で再び大規模デモが発生したことも投…

2019/09/30

No.778「タマゴは高い」
週末のNY株式市場は続落。 トランプ政権が米証券取引所に上場する中国株の廃止を検討していると報道。 米中貿易摩擦が激化するとの懸念が高まったとの解釈。 「米国の政策が上海株の急落を招き、中国に問題…

2019/09/30

寄前「続落だとほぼ1カ月ぶり」
週末の日経平均は寄り付き114円安、一時314円安まであって終値169円安。配当権利落ち分160円程度に見合う下落。大引けにかけて下げ渋った格好。 前引けから下げていたので日銀のETF買い期待もあ…

2019/09/30

NY「NYダウが一時50日移動平均を下回った」
週末のNY株式市場は続落。トランプ政権が米証券取引所に上場する中国株の廃止を検討していると報道。米中貿易摩擦が激化するとの懸念が高まったとの解釈。「米国の政策が上海株の急落を招き、中国に問題をもたらすと…

2019/09/27

後場「配当落ち分の下げ」
大引けの日経平均株価は169円34銭安の21,718円90銭と反落。 トランプ大統領弾劾問題や香港の動き菜とを嫌気した格好。 下落幅は一時314円まで拡大した。 大引けは配当落ちの160円程度まで…

2019/09/27

前場「反落」
前引けの日経平均株価は268円25銭安の21,779円25銭と反落。 トランプ大統領の弾劾をめぐる政治的不透明感が、嫌気されたとの解釈。 配当落ち分160円を勘案してもマイナス。 下落幅は一時30…

2019/09/27

No.777「北向く」
《朝から札幌遠征のため後場編はお休みさせていただきます》 NY市場で主要3指数はそろって反落。 下院情報特別委員会はトランプ米大統領のウクライナ圧力疑惑に関する内部告発書を公表。 弾劾を巡る不…

2019/09/27

寄前「権利配当落ちを埋められるかが課題」
権利付き最終日の木曜の日経平均は寄り付き140円高。一時マイナス場面もあったが終値28円高と小幅に反発。「5日移動平均線を割り込んでの終値。底堅いが、まだ微調整局面。相対的に強いTOPIX日足が幅広なか…

2019/09/27

NY「軟調」
NY市場で主要3指数はそろって反落。 下院情報特別委員会はトランプ米大統領のウクライナ圧力疑惑に関する内部告発書を公表。弾劾を巡る不透明感が高まった。 「1年前の中間選挙で民主党が下院の過半数を握っ…
51~75件/全640件
 

TOP