個人投資家向け 株価情報NAVI

マーケット情報
日本 日経平均株価 24,011.62-11.48 (12/16 14:25)
ドル/円 米ドル/円 109.39+0.05 (12/16 14:25)

株ニュース

2019/12/09

後場「3日続伸ながら寄り天」
大引けの日経平均株価は76円30銭高の23,430円70銭と3日続伸。 雇用統計の力強さを受けた週末のNY株の上昇を好感し買い物優勢となったが上値は重く寄り天。 後場はほぼ膠着。 東証1部の売…

2019/12/09

No.846「ダイズ?」
週末のNY株式市場で主要3指数は続伸。 11月の米雇用統計は非農業部門の雇用者数が前月から26万6,000人増と予想の18万人を超えて増加。 伸びは10カ月ぶりの大きさになった。 失業率は3.5%…

2019/12/09

前場「続伸ながら上値は重く」
週明け前場の日経平均株価は107円19銭高の23,461円59銭と続伸。米雇用統計を受けたNY株高を受けて景気交代懸念が後退した。 「米国が対中追加関税の発動を予定する12月15日が今週末に迫る中、手…

2019/12/09

No.845「切実な願い」
週末のNY株式市場で主要3指数は続伸。 11月の米雇用統計は非農業部門の雇用者数が前月から26万6,000人増と予想の18万人を超えて増加。 伸びは10カ月ぶりの大きさになった。 失業率は3.5%…

2019/12/09

寄前「ジャスダック平均は11連騰」
金曜の日経平均の寄り付きは47円高、終値54円高。日足は陽線。週間では60円の上昇だが週足は陰線。「週足は2週連続で実体部分が短い(週初と週末の値がほぼ同じ)状況で、かなり煮詰まっている」。そんな声も効…

2019/12/09

NY「雇用統計通過」
週末のNY株式市場で主要3指数は続伸。 11月の米雇用統計は非農業部門の雇用者数が前月から26万6,000人増と予想の18万人を超えて増加。伸びは10カ月ぶりの大きさになった。失業率は3.5%と前月の…

2019/12/06

後場「続伸」
前引けの日経平均株価は54円31銭高の23,354円40銭と続伸。 NY株高や公共投資増加への拡大期待などから買い物優勢の展開。 上昇幅は一時100円を超える場面もあった。 ただ相変わらず上値は重…

2019/12/06

前場「続伸」
前引けの日経平均株価は61円19銭高の23,361円28銭と続伸。 NY株高や公共投資増加への拡大期待などから買い物優勢の展開。 上昇幅は一時100円を超える場面もあった。 ただ相変わらず上値は重…

2019/12/06

No.844「今年の福岡行きは4勝1敗」
《福岡遠征のため後場編はお休みさせていただきます》 NY株式市場で主要3指数は小幅に続伸。 トランプ大統領が改めて「中国との交渉は進んでいる」とコメントしたことを好感。 15日の追加関税はない…

2019/12/06

寄前「週足陽線は難しそう」
木曜の日経平均の寄り付きは157円高、終値162円高。日足は実体が極小の十字線に近い足だが2日ぶりの陰線。 「トランプ大統領の「合意は大統領選挙の後でも」発言は単なる思いつきのコメント。「真にうけるべ…

2019/12/06

NY「小幅続伸」
NY株式市場で主要3指数は小幅に続伸。トランプ大統領が改めて「中国との交渉は進んでいる」とコメントしたことを好感。15日の追加関税はないとの見方が支配的だった。もっともトランプ大統領は「NATOに十分に…

2019/12/05

No.843「ジャネの法則」
ジャネーの法則は19世紀のフランスの哲学者・ポール・ジャネが発案。 「主観的に記憶される年月の長さは年少者にはより長く年長者にはより短く評価される」という現象、」 「生涯のある時期における時間の心理…

2019/12/05

前場「反発」
前引けの日経平均株価は159円76銭高の23,294円99銭と反発、前日までと打って変わって米中貿易協議の部分合意が近いとの一部報道を受け指数先物への買い戻しが入った。 国内経済対策への期待もあり一時…

2019/12/05

No.842「火種」
NY株式市場で主要3指数は4日ぶりの反発。 米中通商協議の停滞で対中追加関税発動への懸念が高まっていたが、今度は別の風が吹いた格好。 トランプ大統領は「中国との通商協議は極めて順調に進捗している」と…

2019/12/05

寄前「また25日線(23,255円)がサポートになってきそうな気配」
株安の水曜の寄り付きは寄り付き193円安、終値244円安。日足は3日ぶりの陰線。 トランプ砲の八つ当たりといったところだろうか。「合意に期限などない。大統領選挙後でもいいかなぁ」。これでは楽観的な市場…

2019/12/05

NY「風向きが変わって4日ぶりの反発」
NY株式市場で主要3指数は4日ぶりの反発。米中通商協議の停滞で対中追加関税発動への懸念が高まっていたが、今度は別の風が吹いた格好。 トランプ大統領は「中国との通商協議は極めて順調に進捗している」と…

2019/12/04

後場「25日線割れ」
大引けの日経平均株価は244円58銭安の23,135円25銭と続落。 もっとも一時300円以上下落した場面もあり下げ渋りの展開となった。 25日線は終値ベースで下回った。 東証1部の売買代金は…

2019/12/04

No.841「仮需の創造」
市場の声。 「年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)によるレンディング中止。 勘違いしたヘッジファンドからトヨタ(7203)にショートカバーが来ていたようです」 昨日GPIFは株式貸株運…

2019/12/04

前場「続落」
前引けの日経平均は292円01銭安の23,087円80銭と続落。 米下院は中国新疆ウイグル自治区のウイグル族を弾圧する中国当局者に制裁を科すようトランプ政権に求める法案を可決。 米国では香港人権法が…

2019/12/04

No.840「25日線のサポートだけが頼りの水曜」
NY株式市場で主要3指数は3日続落。 NYダウは290ドル安と10月8日以来最悪の展開。 トランプ大統領は「中国との通商交渉合意に期限はない。 来年11月の大統領選挙後まで待った方が良いかもしれな…

2019/12/04

寄前「株は安いぞ水曜日だが・・・」
火曜の日経平均は寄り付き298円安、一時343円安があって大引け149円安と反落。 ISM製造業の悪化を受けたNY株の洗礼を受けた割には下げ渋った。前日の上昇幅235円に対し63%ほどの下落率。 「…

2019/12/04

NY「関税懸念の時間的・空間的飛び火で続落」
NY株式市場で主要3指数は3日続落。NYダウは290ドル安と10月8日以来最悪の展開。 トランプ大統領は「中国との通商交渉合意に期限はない。来年11月の大統領選挙後まで待った方が良いかもしれない」とコ…

2019/12/03

後場「後場は下落幅縮小」
大引けの日経平均株価は149円69銭安の23,379円81銭と反落。 米ISM製造業景況感の悪化やトランプ大統領の南米への課税強化の方向を嫌気した形で売り物優勢の展開。 ただアジア株の堅調などを背景…

2019/12/03

前場「反落」
大引けの日経平均株価は201円23銭安の23,328円27銭と反落。 NY株安を受けて売り物優勢の展開。 下落幅は一時300円を超える場面もあったがその後は下落幅を縮小した。 25日線が下支えと見…

2019/12/03

No.839「米金利上昇でも円高という不思議さ」
週明け月初のNY株式市場で主要3指数は続落。 NYダウは268ドル安の27,783ドルとほぼ安値圏で引けた。 ISM製造業指標は48.1と前月から0.2ポイント低下。 市場予想(49.4)に…
26~50件/全658件
 

TOP