個人投資家向け 株価情報NAVI

マーケット情報
日本 日経平均株価 21,142.96-805.27 (02/28 15:15)
ドル/円 米ドル/円 107.90-2.01 (02/29 01:07)

株ニュース

No.889「もろもろ」

2020/01/24

昔から知られたアノマリーは「節分天井、彼岸底」
節分で株価が天井を付けて、その後は調整場面。
お彼岸で底を付けるというもの。
このお彼岸がややこしい。
株式市場では春の彼岸をイメージするが、もともとの米相場では秋の彼岸が対象。
春の彼岸を対象にすると過去20年で勝率約50%。
過去26年でも大きな違いはない。
20世紀のアノマリー、昭和の都市伝説なのだろか。
ちなみにパフォーマンスが悪いアノマリーのイスラム・ヒジュラ歴6月。
今年は1月27日→2月24日となっている。

昨日のCNNの報道。
「新型コロナウイルスは中国に生息するアマガサヘビやタイワンコブラが感染源だった可能性。」
アマガサヘビは猛毒をもつコブラの仲間。
中国中部と南部および東南アジアに生息するという。
同ウイルスに感染して最初に入院したのは、武漢市の海産物卸売市場の従業員や利用客。
同市場では食用の動物や爬虫類(はちゅうるい)も販売されているという。
研究チームが2,019-nCoVの遺伝子配列を解析して他のコロナウイルスと比較。
SARSに似たコウモリのコロナウイルスと最も近い関係にあることが判明したという。
2,019-nCoVの遺伝子配列についてさらに詳しい生物情報工学解析。
ウイルスがヘビから来ていた可能性が浮上したという。
あまり気味のよい分析ではなかったが・・・。
日本では考えられないようなことが世界にはたくさんあるということなのだろう。

スケジュールを見てみると・・・。
24日(金):消費者物価、中国春節休暇(→30日頃)、変化日
25日(土):中国春節入り
27日(月):米新築住宅販売、独IFO景況感、イスラム・ヒジュラ暦の6月入り(パフォーマンス悪い月)
28日(火):企業向けサービス価格指数、米FOMC(→29日)、CB消費者信頼感、耐久財受注、
S&P住宅価格指数
29日(水):消費動向調査、月内受け渡し最終、日米中古住宅販売仮契約、変化日
30日(木):米GDP速報値
31日(金):鉱工業生産、失業率、米個人所得、ユーロ圏GDP、英EU離脱期限

よい週末を・・・。

◇━━━トラッキング━━━◇
・・・7%上昇はタッチ、5%下落はロスカット
(ロスカット5個はアノマリー的には目先底打ちサイン)
1/10◇ランドコンピュータ(3924)1,142円→1,195円 タッチ
1/14★PCI(3918)2,290円→2,267円 調整
1/15★ユーグレナ(2931)791円→757円 調整
1/16★カクヤス(7686)1,890円→1,870円 調整
1/17★森六HD(4249)2,321円→2,308円 調整
1/20★ツムラ(4540)3,185円→3,130円 調整
1/21☆早稲アカ(4718)1,185円→1,180円 堅調
1/22★カイオム(4583)221円→213円 調整
1/23★日東工(6651)2,481円→2,432円 調整
1/24★ブランディングテク(7067)2,360→2,401円 調整

 

TOP