個人投資家向け 株価情報NAVI

マーケット情報
日本 日経平均株価 21,046.24-422.94 (07/18 15:15)
ドル/円 米ドル/円 107.75-0.25 (07/18 19:28)

株ニュース

No.686「明日は天赦日」

2019/06/25

週明けのNY株式市場は小幅反発。
米中両国が貿易協議を事務レベルで再開したとの報道を好感。
中国への収益依存度が高い航空機のボーイングや建機のキャタピラーなどが上昇した。
「早期利下げと米中貿易協議の進展期待から最高値を引き続き視野に入れている」という格好。
ただ上値は重い展開。
トランプ大統領が保険会社や病院に対して事前に医療費を提示するように求めるている。
医療の透明性を高める大統領令を出す方向を懸念。
「規制強化への警戒感からヘルスケア関連株が売られ相場の重荷になった」という声も聞こえる。
同大統領はイランに対する追加制裁を科すための大統領令に署名。
「中東の地政学リスクの高まりも相場の上値を抑えた」という見方もある。
S&P50とNASDAQは反落。
調査会社ファクトセットによると主要500社の7~9月期の1株利益は21日時点で前年同期比0.3%減の見通し。
昨年末時点では3.4%増の予想だった。
4~6月期も2.6%の減益見通し。
予想通りなら1~3月期に続き2四半期連続での減益。
実質経済成長率が2四半期連続でマイナスならリセッション。
「1株利益が2四半期連続で減少する業績リセッションが現実味を帯びてきた」という指摘もある。
長期金利の指標である表面利率2.375%の10年国債利回りは前週末比0.04%低い(価格は高い)2.01%。
ドル円は小動きで107円台前半での推移。
大阪G20首脳会議、米中首脳会談を控え積極的な取引が控えられた格好。
ダウ輸送株指数はの155ポイント安が気にかかる。
SOX指数は0.11%上昇。
VIX指数は15.26。
SKEW指数は117.09。
恐怖と欲望指数は51。

週明けの日経平均は寄り付き35円安、終値27円高と小じっかりの展開。
ただ日中値幅は約40円。
東証1部の売買代金は1兆4,115億円と今年最低で2014年12月26日以来の低水準。
「イベント前の手掛けづらさ。
大崩れはないだろうという安心感がある分、派手に上昇する銘柄も少なくない。
株価より出来高が欲しい」という見方だ。
もっとも視点を逆にすれば「陰の極」
「出来高は裏切らない」という格言もある。
値上がり1,066銘柄、値下がり966銘柄。
新高値32銘柄、新安値61銘柄。
騰落レシオは94.81。
SQ値21,060円に対しては5勝1敗で勝ち越しというのは悪くない。
NTレシオは13.75倍。
25日線からは1.2%のプラスかい離。
200日線からは1.8%のマイナスかい離。
サイコロは8勝4敗で66.7%。
松井証券信用評価損益率速報で売り方▲7.663%。
買い方▲12.144%。
マザーズ銘柄ネットストック信用評価損益率で売り方▲7.885%。
買い方▲17.489%。
空売り比率は44.3%で71日連続40%超。
日経HVは13.9、日経VIは16.07。
日経平均採用銘柄のPERは11.93倍でEPSは1,784円と高水準キープ。
PBRは1.06倍。
シカゴ225先物終値は大証日中比65円安の21,165円。
高値21,265円、安値21,115円。
Quick調査の6月14日時点の信用評価損率は▲15.01%と2週連続の改善。
6月14日時点の信用買残は23億円増の2兆1,984億円。
2週ぶりの増加。
同信用売り残は304億円増加の9,099億円。
同裁定買い残は3,501億円減の5,426億円と2週ぶりの減少。
同裁定売り残は984億円減の6,966億円と5週ぶりの減少。
裁定の売り買いの残高逆転は年初以来。
これは「底打ち反転の大きなサイン」という見方だ。
ちなみに9月限だけだと買い残4,494億円(3,211億円減)。
売り残6,028億円(168億円増)。
裁定買い残の5,000億円割れもボトムのサインだ。
(バッケンレコードは東日本大震災直後の約2,500億円)。
明日の天赦日を前に「冴えない火曜日」となるのだろうか。
気学では「安値にある時は急落する」
水曜は「高下荒く変化を起こす日」
木曜は「吹値売り方針の日」
金曜は「初め高いと反落する。吹き値売り方針の日」

NYダウは8ドル高の26,727ドルと反発。
NASDAQは26ポイント安の8,005ポイントと続落。
S&P500は5ポイント安の2,945ポイント。
ダウ輸送株指数は155ポイント安の10,197ポイント。
SOX指数は0.11%上昇。
VIX指数は15.26。
225先物CME円建ては大証日比65円安の21,165円。
ドル建ては大証日中比50円安の21,180円。
大証夜間取引終値は日中比50円安の21,180円。
ドル円は107.29円。
10年国債利回りは2.016%。

225先物は大和・UBS・モルスタ・アムロ・みずほが買い越し。
野村・ソジェン・GS・ドイツ・パリバが売り越し。
TOPIX先物は日興・みずほ・UBS・アムロが買い越し。
JP・モルスタ・メリルが売り越し。

テクニカル的には東亜建設(1885)、コシダカ(2157)、
八洲電(3153)、トクヤマ(4043)、リケンテク(4220)、
IBJ(6071)、エンシュウ(6218)、荏原実(6328)、
日トリム(6788)、古野電(6814)、IMAGICAG(6879)、
市光工(7244)、大建工(7905)、菱洋エレ(8068)、
東陽テク(8151)、オリ(8591)、ブックオフ(9278)が動兆。

◇━━━トラッキング━━━◇
…7%上昇はタッチ、5%下落はロスカット(24日終値)
6/05☆ヤマ発(7272)1,907円→1,922円 堅調
6/06☆日亜鋼(5658)328円→338円 堅調
6/07☆日東工業(6651)1,896円→1,959円 堅調
6/10◇EMネットJ(7036)6,750円→6,910円 タッチ
6/12☆大崎電気(6644)700円→719円 堅調
6/13◆upr(7065)4,270円→3,635円 ロスカット
6/14★エボラブル(6191)2,494円→2,373円 調整
6/17★昭和電工(4004)3,090円→3,076円 調整
6/19★メディアドゥ(3678)3,315円→3,255円 調整
6/20☆セグエG(3968)1,430円→1,433円 堅調

 

TOP