個人投資家向け 株価情報NAVI

マーケット情報
日本 日経平均株価 21,062.54-131.27 (06/26 09:16)
ドル/円 米ドル/円 107.20+0.03 (06/26 09:15)

株ニュース

No.647「5月17日株高の特異日のアノマリーは健在のようだ」

2019/05/17

《長野・上諏訪遠征のため後場編はお休みさせていただきます》

NY株式は上昇。
NYダウは200ドル超の上昇となった。
背景は好調な経済指標とシスコシステムズなどの好決算。
NYダウは一時今週の下落幅を全部取り戻した場面があった。
ただファーウェイとの取引停止の問題を受けて半導体セクターは軟調。
4月の住宅着工件数(季節調整済み)は年率換算で前月比5.7%増の123万5,000戸。
市場予想の120万5,000戸を上回った。
一戸建てと集合住宅がともに増えた格好。
住宅ローン金利の低下が低迷する住宅市場の下支え要因となっているとの解釈だ。
30年住宅ローンの固定金利が11月のピーク水準(約4.94%)から4.10%に低下したことが効いている。
前月まで3カ月連続でマイナスだった住宅着工の許可件数は0.6%増の129万6,000戸。
新規失業保険申請件数(季節調整済み)は前週比1万6,000件減の21万2,000件。
市場予想の22万件よりも少なかった。
労働市場は底堅さを維持しているという解釈だ。
10年国債利回りは2.39%台。
ドル円は109円83銭。
VIX指数は15.29。

木曜の日経平均は寄り付き32円安、終値125円安と反落。
前日の上げを帳消しにした格好だ。
3月28日以来、約1か月半ぶりの安値水準。
「3月25日の安値20,977手前で踏みとどまれるかがテクニカルな焦点」という声もある。
値上がり845銘柄、値下がり1,277銘柄。
新高値62銘柄、新安値159銘柄。
騰落レシオは73.93と低下し依然として70%水準。
NT倍率は13.70倍。
空売り比率は41.3%で45日連続40%超。
日経平均採用銘柄のPERは11.82倍でEPSは1,781円と復活。
シカゴ225先物終値は大証日中比205円高の21,255円。
大証夜間取引終値も21,230円だった。
25日線(21,814円)からは3.44%、200日線(21,858円)からは3.64%のマイナスかい離。
一目均衡の雲の上限が21,357円。
ボリンジャーのマイナス2σが21,006円、マイナス1σが21,410円。
気学では「「下放れすると保合、上寄りすると反落する日」
来週月曜は「押し込むと跳ね返す日。突っ込み買いで駆け引きせよ」
5月17日株高の特異日のアノマリーは健在のようだ。
「20日からの5月第4週から月末までは上昇する確率が高い日が多い」と市場関係者。

225先物はGS・JP・UBS・SBI・モルスタ・ソジェンが買い越し。
シティ・パリバ・大和・バークレイス・野村・ドイツが売り越し。
TOPIX先物はパリバ・みずほ・GS・シティ・野村が売り越し。
バークレイズ・モルスタ・UBS・ドイツが売り越し。

テクニカル的にはミライト(1417)、東亜建(1885)、
パーソル(2181)、プリマ(2281)、エムスリー(2413)、
東急不(3289)、じげん(3679)、ノムラシス(3940)、
大幸薬(4574)、Dガレ(4819)、三浦工(6005)、
リクルート(6098)、北越工(6364)、モリタ(6455)、
日総工産(6569)、ネットワン(7518)、フランスベ(7840)、
ロイヤル(8179)、地所(8802)、京阪神ビ(8818)、
東武(9001)、東急(9005)、京成(9009)が動兆。

スケジュールを見てみると…

17日(金):米CB景気先行指数、ミシガン大学消費者信頼感
週末:豪州総選挙
20日(月):1~3月GDP、米シカゴ連銀全米活動指数
21日(火):首都圏マンション販売、訪日外客数、米中古住宅販売、OECD世界経済見通し
22日(水):貿易統計、OECD閣僚理事会、FOMC議事録
23日(木):米新築住宅販売件数、欧州議会選挙、独IFO景況感、ワシントン条約締結国会議(スリランカ)
24日(金):消費者物価指数、米耐久財受注

【5月】(8勝6敗で6位、陽線確率57.1%)
17日(金)変化日、上げの特異日
19日(日)満月
22日(火)株高の日
24日(金)変化日
26日(日)ベルギー総選挙
27日(月)NY、ロンドン休場(メモリアルデー、スプリング・バンク・ホリデー)、株高の日
30日(水)米ベージュブック、変化日
31日(木)MSCI定期見直し(半期)リバランス、株高の日、鬼宿日

終日、長野遠征。
良い週末を…。

◇━━━ カタリスト━━━◇
アステリア(3853)…動兆
アステリアに注目する。
同社はパッケージソフトが主力。
データ連携用「アステリア」、データ管理用「ハンドブック」が中核。
データ連携ソフト、デザインコンサルが拡大基調。
台湾のゴリラ社との提携で世界戦略を目指す。
ブロックチェーンの中心でもある。
(889円)

チャート

http://www.stockweather.co.jp/sw2/detail.aspx?code=6090

◇━━━トラッキング━━━◇
…7%上昇はタッチ、5%下落はロスカット(16日終値)
4/19◆エーアイ(4388)2,035円→1,779円 ロスカット
4/22◇GMOペパポ(3633)2,740円→3,790円 タッチ
4/24◆京写(6837)375円→294円 ロスカット
4/25◇MTI(9438)650円→653円  タッチ
4/26★フロイント産業(6312)809円→777円 調整
5/08◇ETS(1789)570円→610円 タッチ
5/09☆コムチュア(3844)4,100円→4,185円 堅調
5/13★アドソル(3837)1671円→1,606円 調整
5/15◇ユーグレナ(2931)726円→765 タッチ
5/16☆HMT(6090)889円→890円 堅調

 

TOP