個人投資家向け 株価情報NAVI

マーケット情報
日本 日経平均株価 22,258.73-48.85 (04/26 15:15)
ドル/円 米ドル/円 111.77+0.13 (04/26 20:17)

株ニュース

寄前「鬼宿日」

2019/02/08

ソフトバンクGがストップ高でも日経平均は3ケタの下落。寄り付き62円安、大引け122円安。久々に見たソフトバンクGのストップ高は売買代金4,161億円。2年前の任天堂の7,000億円レベルが記憶に残っているが、市場の潜在的エネルギーは大きいことの裏返しでもあろう。

日経平均への上昇寄与度は166円。それでも全体が122円安ということは他の銘柄への売り圧力も大きいということ。「サンバイオとソフトバンクGのダブル主演。スター銘柄の急伸で他の銘柄は見向きされない」という見方もある。「SQ前の警戒感」という声も聞こえる。

値上がり489銘柄、値下がり1,575銘柄。
新高値7銘柄。新安値34銘柄。
騰落レシオは109.70まで低下した。

6日ぶりに5日線(20,828円)を割り込んだのは痛い。25日線(20,516円)からは1.15%のプラスかい離。200日線(22,127円)からは6.22%のマイナスかい離。

松井証券信用評価損益率速報で売り方▲8.060%。買い方▲13.050%。マザーズ銘柄ネットストック信用評価損益率で売り方▲5.783%。買い方▲20.527%。空売り比率は45.7%。42日連続の40%超。空売り規制なし比率は8.0%まで上昇した。

日経HVは10.7、日経VIは17.15。日経平均のPERは11.85倍でEPSは1,751円(前日1,733円)と増加。PBRは1.10倍。

シカゴ225先物終値 は大証日中比180円安の20,540円。高値20,895円、安値20,440円。日足は3日連続陰線。4日ぶりの陽線が欲しいところだ。

一目均衡の雲の下限が20,586円、上限は20,954円。勝手雲の上限は20,602円、下限は20,067円。昨日跳ね返されたボリンジャーのプラス1σは20,827円。25日線(20,516円)攻防戦の3連休控えの週末。「SQ通過でマインドが変わる可能性がある。過度の悲観は禁物」という声も聞こえる。

悪いことの少ない鬼宿日。今年の金曜は3勝1敗。
気学では「前場安いと後場戻す日。突っ込み買い良し」。
3連休明けの火曜は「上寄りすると下押し、下寄りすると戻す日」。

 

TOP