今すぐ審査なしで5万円借りたい!5万円借りる方法について徹底解説!

今すぐ審査なしで5万円借りたい!5万円借りる方法について徹底解説!

「5万円どうしても必要」

「すぐに5万円を借りる方法が知りたい」

この記事を読んでいる方の中には、このように思っていらっしゃる方が多いのではないでしょうか。

結論として、審査なしで5万円を借りる方法はいくつかあります。

具体的には手持ちのクレジットカードのキャッシング枠を利用したり、生命保険の契約者貸付を利用するなどあります。

ただし審査なしでお金を借りる方法には以下のようなデメリットも存在します。

審査なしで5万円借りる際のデメリット
  • キャッシング枠がないクレジットカードの場合はキャッシング枠を使えない
  • 生命保険未加入の場合、生命保険の契約者貸付を利用できない
  • 家族や友人にお金を借りると人間関係にヒビが入る可能性がある
  • 質屋でお金を借りる際は換金率の高いものを用意しないといけない

こういったデメリットが不安な方であれば、アコムやプロミスなどの消費者金融カードローンを利用することをおすすめします。

アコムやプロミスなどのカードローンは少額融資でも審査はあります。

しかし、アコムやプロミスであればWEBからであれば24時間365日申込可能で、素早い融資が可能なため今すぐお金を借りたい方に非常におすすめです。

本記事ではカードローンの特徴や審査を通過するコツ、注意点などについても説明しますので、ぜひ参考にしてください。

目次

審査なしで5万円借りる方法について4つ紹介

5万借りる方法の図解

どうしても5万円を借りたい方に向けて審査なしで5万円を借りる方法についていくつか紹介をします。

審査なしで5万円を借りる主な方法
  • すでに持っているクレジットカードのキャッシングでお金を借りる
  • 生命保険の契約者貸付を利用する
  • 質屋で換金する
  • 公的支援制度を利用する

それぞれの方法についてわかりやすく説明をしますので、参考にしてください。

すでに持っているクレジットカードのキャッシングでお金を借りる

5万円を審査なしで借りるのであれば、すでに持っているキャッシング機能付きのクレジットカードのキャッシングでお金を借りる方法が1番おすすめです。

アプリや電話、インターネットで申込が可能で、かつ審査なしでクレジットカードの利用代金の支払い用の口座に振り込んでもらうことが可能です。

注意点としては、クレジットカードのキャッシング枠についてはショッピング枠中に設定されています。

そのためショッピング枠がいっぱいになっているとキャッシングは利用できません。

例としてショッピング枠が30万円まで設定されておりすでに25万円までショッピング枠を使っているとキャッシングできる金額は最大5万円までとなります。

なお、クレジットカードを持っていてもキャッシング機能がついていない場合は審査が必要となりますので注意が必要です。

生命保険の契約者貸付を利用する

生命保険の契約者貸付とは、生命保険の解約返戻金の何割かを借りられる仕組みです。

貸付手続きは、保険会社ごとに決められた書類の提出が必要です。

なお、契約者貸付を受けている間も保障については変化はなく、貸付金の返済時期は自身で設定可能です。

注意点として、貸付利息は毎年元金に繰り入れられ年々元金が膨らむことがあります。

未返納のまま満期となったり、保険金が支払われることになると受け取るはずの保険金から借入した元金と利息が差し引かれる場合があるため注意が必要です。

しかし、金利はカードローンやキャッシングなどに比べて低い傾向にあるため、生命保険に加入している方はぜひ利用を検討してみてはいかがでしょうか。

ただし即日の利用は難しいのが一般的です。

家族や友人からお金を借りる

審査なしでどうしても5万円が必要でお金を借りたいときは家族や友人からお金を借りる方法があります。

ご自身の交渉力や相手の状況にもよりますが、条件によっては利子なしで借りたり返済期日を相談できるというメリットがあります。

ただし、相談の仕方に問題があったり返済の遅延などが生じると家族や友人との人間関係にヒビが入る可能性があります。

相談の際は誠意を持って相手に相談してきちんと返済するよう心がけましょう。

質屋で換金する

質屋に入れられるものがあれば、質屋を利用するのも良いでしょう。

質屋は、ご自身が用意した品物を預かるかわりに融資を行う貸付業者のことです。

最近は様々なタイプの質屋があり、お住まいの地域にもある方が多いのではないでしょうか。

質屋では元金と利息を全て返済すれば品物が手元に戻ります。

品物を持ち込めば換金されるという特徴がありますが換金率は決して高くないです。

そのため、デメリットとして5万円借りたい場合は5万円以上の価値があるものを用意する必要があります。

公的支援制度を利用する

公的支援制度を利用するのも方法のひとつです。

公的支援制度利用すれば国からお金を借りられる場合があります。

例えば住居確保給付金は2年以内に離職しておりやむ得ない理由で無収入の単身者の方であれば原則3ヶ月間53,700円の給付が受けられます。

その他、生活困窮者自立支援制度や生活保護もありますので、ご自身に合った制度の理由を検討してみてはいかがでしょうか。

公的支援制度についていくつか紹介します。

生活福祉資金貸付制度

生活福祉資金貸付制度とは、低所得者や高齢者、障害者の生活を経済的に支えるとともに、その在宅福祉および社会参加の促進を図ることを目的とした貸付制度です。

生活福祉資金貸付制度は、都道府県社会福祉協議会を実施主体として、県内の市区町村社会福祉協議会が窓口となって実施しています。

母子父子寡婦福祉資金貸付金制度

母子父子寡婦福祉資金貸付金制度とは、ひとり親家庭の父母などにこどもの学費、生活費、入学金やご自身の資格取得、引っ越し費用などに必要な資金を貸付する制度です。

20歳未満の児童を扶養している配偶者のない女子または男子、寡婦等に貸し付けられます。

所管省庁はこども家庭庁で、問い合わせ先は最寄の地方公共団体の福祉担当窓口になります。

求職者支援資金融資

求職者支援資金融資とは求職者支援制度で職業訓練受講給付金を受給する予定の方を対象とした貸付制度です。

職業訓練受講給付金を受給しても、その給付金だけでは訓練受講中の生活費が不足する場合に融資を受けることが出来ます。

手続き方法はハローワークで貸付要件の確認などを行い、その後、ハローワークが指定する金融機関(労働金庫)で貸付の手続きを行う必要があります。

教育一般貸付(国の教育ローン)

教育一般貸付(国の教育ローン)とは日本政策金融公庫が貸し出しを行なう教育ローンのことです。

家計の教育費の負担を軽減し、子どもたちの進学や在学を応援するための融資制度です。

日本政策公庫などが行う公的な融資制度です。

長期固定金利でいつでも必要なときに申し込みが可能です。

参照:政府広報オンライン

5万円借りるためにおすすめの消費者金融カードローン

この章では5万円を借りるためにおすすめの消費者金融カードローンを5つ紹介をします。

5万円借りるためにおすすめの消費者金融カードローン
  • アコム
  • プロミス
  • アイフル
  • SMBCモビット
  • レイク

それぞれの特徴についてわかりやすく説明をしますので、参考にしてください。

おすすめの消費者銀行カードローン

カードローン機能付きクレジットカードがある!

アコムがおすすめ

最大適用金利が低めで借入可能!

プロミスがおすすめ

無利息期間最大180日で借入できる!

レイクがおすすめ

スクロールできます
カードローン名特徴審査スピード無利息期間適用金利利用限度額担保・保証人郵送物の有無
アコム
アコムバナー
申し込みはこちら
①3秒スピード診断可能

②カードローン機能付き
クレジットカードあり


③楽天銀行口座へ最短1分
振込可能
最短20分※1
3秒スピード診断もあり
おすすめ!
最大30日間3.0%~18.0%800万円不要
プロミス
プロミス3分融資バナー
申し込みはこちら
①審査通過率が高く即日融資に
対応してくれる

②指定口座に振込融資可能

③女性専用ダイヤルあり
最短3分※3最大30日間4.5%~17.8%500万円不要
(Web明細登録時のみ)
レイク
レイクバナー
申し込みはこちら
無利息期間が最大180日あり

即日融資可能

アルバイトやパートでも審査通過の可能性あり
Webで最短25分最大180日間
借入額が5万円以下の場合、無利息期間最大180日
年率4.5%~18.0%500万円
SMBCモビット
モビットバナー
申し込みはこちら
①原則電話連絡なし

②返済でVポイントがたまる

③アプリで返済計画が
立てられる
最短30分※4なし3.0%~18.0%800万円不要
(Web完結の場合)
アイフル
アイフル最短18分融資バナー
申し込みはこちら
①最短18分でキャッシング
可能※2

②スマホアプリで借入可能

③はじめての方なら最大30日間
最短18分※2
融資可能か事前診断があり
おすすめ!
はじめての方なら最大30日間3.0%~18.0%800万円※5不要
(ただし、封筒に社名は入っていない)
※1原則電話による在籍確認なし
※2お申込み時間や審査状況によりご希望に添えない場合があります。
※3お申込み時間や審査によりご希望に添えない場合がございます。
※4申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります
※5ご利用限度額50万円超、または他社を含めた借り入れ金額が100万円超の場合は源泉徴収票など収入を証明するものが必要です

アコムは審査通過率の高さが魅力のカードローン

アコムのおすすめポイント
  • 審査通過率が高い
  • 利用限度額が800万円と大きい
  • 最短即日の利用ができる

アコムで注目すべきは利用限度額の高さです。

資金力のある大手メガバンク系列の子会社ということもあり、最大800万円という高額の融資を受けられる場合があります。

他の大手の限度額である500万円を超える借入を希望する人には、おすすめの消費者金融カードローンです。

審査は最短20分で完了し、メールで回答が得られます。

その後に即日で借り入れができるので、すぐにお金が必要な方におすすめのカードローンといえるでしょう。

アコムでは初めての利用前に、年齢、年収、他社借入状況の簡単な入力で、3秒診断による借り入れ診断ができます。

初めて消費者金融を利用する方でも、安心して申し込みが可能です。

アコムの主な貸付条件は以下の通りです。

金利(年率)3.0~18.0%
利用限度額最大800万円
融資スピード最短20分
審査スピード最短20分
無利息期間最大30日間

アコムの申し込みは
こちら

プロミスは金利が低くコストを抑えて借入できる

プロミスのおすすめポイント
  • 金利が4.5%から17.8%と比較的低い
  • 最短即日の利用ができる
  • 無利息期間がある

大手消費者金融の中でも、貸付条件のバランスが取れているのがプロミスです。

上限金利の低さや最短3分※の融資時間、無利息期間の実施と、利用者が求める必要な条件の多くを満たしていると言えます。

審査時間は最短3分※と急ぎの資金需要にも対応しており、初めての利用なら30日間利息0円と、短期的な利用であればお得な商品性となっています。

※お申込み時間や審査によりご希望に添えない場合がございます。

アプリローンを使えばスマホで完結でき、非常に便利です。

また女性の方は、女性専用のレディースキャッシング(女性オペレーターによる受付対応)により、安心して申し込むことができます。

プロミスの主な貸付条件は以下の通りです。

金利(年率)4.5~17.8%
利用限度額最大500万円
融資スピード最短3分※
審査スピード最短3分※
無利息期間最大30日間
※お申込み時間や審査によりご希望に添えない場合がございます。
プロミスの特徴を記したHPの写真

プロミスの申し込みは
こちら

※お申込み時間や審査によりご希望に添えない場合がございます。

レイクは無利息期間が長いため無駄な利息の支払いを抑えられる

レイクのおすすめポイント
  • 無利息期間が長い
  • 最短即日の利用ができる
  • 金利が比較的低い

レイクもバランスが良い消費者金融ですが、注目すべきは無利息期間です。

限度額は200万円と控えめですが、WEBからの申し込みなら借入金額全額が60日間無利息になる点は見逃せません。

また、初回利用の場合は5万円まで利息が180日間無料なので、利息を気にせずゆとりを持って返済できます。

レイクは新生銀行系列の新生フィナンシャルグループのカードローンです。

WEBから申し込んだ場合、審査所要時間が最短1時間で、21時(日曜日は18時)までのご契約手続き完了(審査・必要書類の確認含む)で、当日の借入れも可能となっています。

WEB申込で初めて利用する場合、無利息期間が60日と他社よりも長いのが特徴で、5万円までであれば180日間無利息となるサービスも選択することができます。

レイクの主な貸付条件は以下の通りです。

金利(年率)年率4.5%~18.0%
※貸付利率はご契約額およびご利用残高に応じて異なります
利用限度額500万円
融資スピードWebで最短25分※
審査スピード公表なし
無利息期間30日、60日、180日間から選択可能
※即日融資について
一部金融機関および、メンテナンス時間等を除きます。
初めてご利用のお客さまへの当日ご融資は、8~22時(毎月第3日曜日は8~19時)となっております。
ご融資時間は、一部店舗によって異なります。年末年始を除きます。
レイク写真

レイクの申し込みは
こちら

SMBCモビットは原則電話での在籍確認がなくバレにくい

SMBCモビットのおすすめポイント
  • 在籍確認の電話が原則なし
  • 即日の利用ができる
  • 利用限度額が大きい

SMBCモビットの貸付条件も、他社と遜色ないといえます。

即日の利用ができる場合があり利用限度額も大きいです。

さらに特徴的なのが、SMBCモビットは原則書類で在籍確認OKな点です。

また、WEB申込に限られますが、SMBCモビットは原則書類で在籍確認が完了できるケースもあります。

原則電話連絡なしのカードローンを探している人には、おすすめの消費者金融カードローンといえるでしょう。

SMBCモビットの主な貸付条件は以下の通りです。

金利(年率)3.0~18.0%
利用限度額最大800万円
融資スピード最短即日
審査スピード最短30分※
無利息期間なし
※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります
モビット写真

SMBCモビットの申し込みは
こちら

アイフルは審査から融資までの時間が早いためすぐにお金を借りられる

アイフルのおすすめポイント
  • 審査から融資までの時間が早い
  • 最短即日の利用ができる
  • はじめての方なら最大30日間の無利息期間がある

アイフルもアコムと同じく最大800万円※という融資限度額がある消費者金融カードローンです。

※ご利用限度額50万円超、または他社を含めた借り入れ金額が100万円超の場合は源泉徴収票など収入を証明するものが必要です

また、アイフルの大きな特徴は審査から融資までの時間の早さです。

今回紹介する中でも融資の時間が早い点は、アイフルのセールスポイントになります。

利用者のニーズに細かく応えてくれる業者といえます。

始めて利用する方の場合、はじめての方なら最大30日間の無利息期間があるのもメリットです。

アイフルの主な貸付条件は以下の通りです。

金利(年率)3.0~18.0%
利用限度額最大800万円※1
融資スピード最短18分※2
審査スピード公表なし
無利息期間はじめての方なら最大30日間
※1ご利用限度額50万円超、または他社を含めた借り入れ金額が100万円超の場合は源泉徴収票など収入を証明するものが必要です
※2お申込み時間や審査状況によりご希望に添えない場合があります。
貸付条件はこちら

アイフルの申し込みは
こちら

5万円借りるためにおすすめのアプリ

5万円借りるためにおすすめのアプリについて紹介をします。

おすすめのアプリは5つです。

5万円借りるためにおすすめのアプリ
  • LINEポケットマネー
  • みんなの銀行ローン
  • au PAY スマートローン
  • dスマホローン
  • メルペイスマートマネー

それぞれのアプリの特徴についてわかりやすく説明をしますので、参考にしてください

LINEポケットマネーはLINEと連携していて手軽に利用できる

LINEポケットマネーのおすすめポイント
  • LINEと連携をしているので、使いやすい
  • 最短即日の利用ができる
  • 無利息期間が長い

LINEポケットマネーは通信アプリのLINEが提供しているお金を借りられるアプリです。

申し込むときにいくつかの質問に答えるだけで、LINE内のウォレットメニューでお金が借りられる場合があります。

LINEポケットマネーの最大の特徴は、契約した翌日から最大100日間に支払った利息をキャッシュバックしてもらえることでしょう。

ただし、こちらは初回利用限定になっていますので注意してください。

LINEポケットマネーの主な貸付条件は以下の通りです。

金利3.0〜18.0%
利用限度額5〜300万円
融資スピード最短即日
審査スピード最短即日
無利息期間100日※翌月中旬にキャッシュバック

LINEポケットマネーの公式サイトは
こちら

みんなの銀行ローンは最短2分で審査完了する

みんなの銀行ローンのおすすめポイント
  • 審査が早い
  • 自由なタイミングでの返済が可能
  • 利用限度額が大きい

みんなの銀行が提供するみんなの銀行ローンは最短2分で審査が終わるのが特徴です。

簡単な操作ですぐに借り入れできるのも魅力でしょう。

また、当月中の自由なタイミングで返済ができることも特徴になります。

当然、用途に制限もないので安心してください。

利用限度額も大きくおすすめです。

みんなの銀行ローンの主な貸付条件は以下の通りです。

金利1.5%~14.5%
利用限度額10万円~1000万円
融資スピード最短即日
審査スピード最短2分
無利息期間なし

みんなの銀行ローンの公式サイトは
こちら

auPAYスマートローンはauユーザーなら審査が優遇される

auPAYスマートローンのおすすめポイント
  • スマホキャリアがauの人は審査を優遇
  • auPAY残高にチャージができる
  • 即日の利用ができる

auPAYスマートローンは携帯電話会社のauが提供しているローンになります。

auPAYスマートローンは借入金をauPAY残高にチャージができます。

また、スマホキャリアがauの人はauPAYスマートローンの審査を優遇してもらえる特典もあります。

即日の利用ができる場合があるのもメリットです。

auPAYスマートローンの主な貸付条件は以下の通りです。

金利2.9〜18.0%
利用限度額1〜100万円
融資スピード最短即日
審査スピード最短30分
無利息期間なし

au PAYスマートローンの公式サイトは
こちら

dスマホローンはドコモユーザーだと金利が最大3%安くなる

dスマホローンのおすすめポイント
  • ドコモユーザーの場合、最大3%金利を優遇してくれる
  • 金利が低い
  • 最短即日の利用ができる

dスマホローンは携帯電話会社のドコモが提供しているお金を借りられるアプリです。

携帯のキャリアがドコモだと最大3%の金利を優遇してもらえる特典があります。

また最低金利が0.9%とかなり低いにも特徴です。

即日利用ができる場合があるのも大きなメリットになります。

dスマホローンの貸付条件は主に以下の通りです。

金利0.9〜17.9%
利用限度額1〜300万円
融資スピード最短即日
審査スピード最短即日
無利息期間なし

dスマホローンの公式サイトは
こちら

メルペイスマートマネーはメルカリから簡単に利用できる

メルペイスマートマネーのおすすめポイント
  • メルカリでの取引実績が多いと金利が低くなる
  • メルカリから簡単に利用ができる
  • 即日利用ができる

メルペイスマートマネーは、フリマアプリのメルカリが提供しているお金が借りられるアプリです。

メルカリでの取引実績が多いと、通常の金利から金利を引き下げてもらえる特典があります。

メルペイスマートマネーの主な貸付条件は以下の通りです。

金利3.0〜15.0%
利用限度額1,000円〜300万円
融資スピード最短即日
審査スピード最短即日
無利息期間なし

メルペイスマートマネーの公式サイトは
こちら

5万円借りるためにおすすめの銀行系カードローン

この章では5万円を借りるためにおすすめの銀行系のカードローンを4つ紹介します。

5万円借りるためにおすすめの銀行系カードローン
  • 三菱UFJ銀行バンクイック
  • 三井住友銀行カードローン
  • みずほ銀行カードローン
  • 楽天銀行スーパーローン

それぞれの特徴についてわかりやすく説明をしますので、参考にしてください。

三菱UFJ銀行バンクイックは大手メガバンクが取り扱うため信頼性が高い

三菱UFJ銀行バンクイックのおすすめポイント
  • メガバンクが取り扱っているので安心
  • 三菱UFJ銀行や提携コンビニATMから手数料無料で借入れや返済ができる
  • 金利が低い

三菱UFJカードローンの最大の魅力は、馴染みのある大手銀行が取り扱うカードローンであることです。

安心感はもちろんのこと、全国の三菱UFJ銀行や提携コンビニATMから手数料無料で借入れや返済ができるのも人気が高い理由でしょう。

また、消費者金融に比べると比較的に低い金利で、返済も月1,000円から可能。

利息の安さを重視する方や長期間での返済をお考えの方におすすめです。

三菱UFJ銀行バンクイックの主な貸付条件は以下の通りです。

金利(実質年率)年1.8~14.6%
借入限度額500万円
融資スピード最短翌営業日
審査時間最短翌営業日
Web完結可能
利用対象者20~65歳で安定した収入のある方

三菱UFJ銀行バンクイックの公式サイトは
こちら

三井住友銀行カードローンは借入限度額が800万円と大きい金額を借りられる

三井住友カードローンのおすすめポイント
  • 借入限度額が800万円と大きい
  • 金利が低い
  • 申込から借り入れまでWebで完結できる

消費者金融に比べて低金利や毎月の返済額が少額(月2,000円~)など銀行カードローンならではの魅力は三菱東京UFJカードローンと同じです。

三菱UFJに比べて最低年利は高いですが、借入限度額が大きいというメリットがあります。

必要な資金額が大きい人には大きなメリットです。

また金利も比較的低いので毎月の返済額を軽減したい方にピッタリです。

申込から借り入れまでWebでできるのもメリットでしょう。

三井住友銀行カードローンの主な貸付条件は以下の通りです。

金利(実質年率)年1.5%〜14.5%
借入限度額10万円〜800万円
融資スピード最短翌営業日※申込完了後の確認事項や、本人確認書類の提出状況によっては異なる場合もございます。
審査時間最短翌営業日※申込完了後の確認事項や、本人確認書類の提出状況によっては異なる場合もございます。
Web完結可能※三井住友銀行の普通預金口座、キャッシュカードをお持ちの方
利用対象者20~69歳で安定した収入のある方

三井住友銀行カードローンの公式サイトは
こちら

みずほ銀行カードローンは金利が2.0%からと低い

みずほ銀行カードローンのおすすめポイント
  • メガバンクが提供している
  • 金利が低い
  • 借入限度額が800万円と大きい

みずほ銀行カードローンはメガバンクの一角であるみずほ銀行が提供しているカードローンになります。

消費者金融系のカードローンに比べ、金利が低いです。

また借入限度額が800万円と大きいのも特徴になります。

ただし、銀行系カードローンなので、即日の利用はできませんので注意してください。

みずほ銀行カードローンの主な貸付条件は以下の通りです。

金利(実質年率)年2.0%〜14.5%
借入限度額10万円〜800万円
融資スピード最短翌営業日※申込完了後の確認事項や、本人確認書類の提出状況によっては異なる場合もございます。
審査時間最短翌営業日※申込完了後の確認事項や、本人確認書類の提出状況によっては異なる場合もございます。
Web完結可能
利用対象者20~65歳で安定した収入のある方

みずほ銀行カードローンの公式サイトは
こちら

楽天銀行スーパーローンは金利優遇などのキャンペーンが多い

楽天銀行スーパーローンのおすすめポイント
  • 金利が低い
  • キャンペーンが多い
  • 楽天ポイントのキャッシュバックがある

楽天銀行スーパーローンは、カードローンをとにかくお得に利用したい人に人気です。

期間限定で年利が半額になるなど定期的にお得なキャンペーンが開催されます。キャンペーン期間中の申込みにより、比較的低い金利での借入れが可能です。

また、楽天市場でのお買い物で使えるポイントのキャッシュバックもあります。

借入れ後に短期間での返済目途がたっており金利の低さを重視される方は、お得にご利用できるカードローンです。

楽天銀行スーパーローンの主な貸付条件は以下の通りです。

金利(実質年率)年1.9~14.5%
借入限度額800万円
融資スピード最短翌営業日
審査時間最短翌営業日
Web完結可能
利用対象者20~62歳で安定した収入のある方

楽天銀行スーパーローンの公式サイトは
こちら

カードローンが審査なしで5万円を借りられない理由

カードローンなどを利用して5万円を審査なしで借りたいと思っている方もいるかもしれません。

しかし、残念ながらいくら少額であってもカードローンで借りる際は審査なしでお金は借りられません。

なぜなら、法律で貸金業者は、必ず利用者の返済能力の審査をすることになっているからです。

そのほかにも貸金業者が審査を行う理由は多重債務者を出さないなどがあります。

また、各金融機関は、以下の3つの「信用情報機関」から申込者の「信用情報」を調べています。

カードローンの申し込みをすると、信用情報に6ヶ月間記録が残ります。

貸金業者は申込者の信用情報を確認し金融事故の有無や返済能力の有無を確認します。

審査が不安で審査なしでお金を借りたいと思う方も多くいると思います

しかし、審査なしでお金を借りる方法にはデメリットがあります。

具体的なデメリットとして、質屋で5万円を借りるには5万円以上の価値のあるものを用意しなければなりません。

また、クレジットカードのキャッシング枠を利用するにもすでにキャッシング機能付きのカードを持っている必要があります。

生命保険の契約者貸付を利用する際は、即日での融資が難しく生命保険未加入の場合、生命保険の契約者貸付を利用できません。

家族や友人などにお金を借りる際も交渉の方法や返済のトラブルなどで人間関係にヒビが入る恐れがあります。

審査なしでお金を借りる方法のデメリットを考えると審査があってもカードローンでお金を借りる方がお得に借入や返済ができる場合があります。

カードローンの主なメリット

カードローンの利用には様々なメリットがありますが、主なメリットは4つです。

カードローンの主なメリット
  • 即日利用ができる
  • 資金使途が自由
  • インターネットやATMで簡単に出し入れできる
  • 担保や保証人がいらない

カードローンを利用するそれぞれのメリットについてわかりやすく説明をしますので、参考にしてください。

即日利用ができる

カードローンは消費者金融系のカードローンであれば最短即日利用が可能です。

急いでお金が必要な方にとっては特に大きなメリットになるのではないでしょうか。

ただし消費者金融系のカードローンであっても、絶対に即日利用できるわけではありませんので注意してください。

また銀行系カードローンについては即日利用ができません。

こちらも併せて注意しましょう。

資金使途が自由

カードローンは基本的に使途は自由です。

一方、住宅ローンやマイカーローンなどの場合は、決まった用途にしか利用ができません。

資金使途が自由なのはカードローンを利用する大きなメリットになるでしょう。

インターネットやATMで簡単に出し入れできる

インターネットやATMで簡単にお金の出し入れができるのもカードローンの大きなメリットになるでしょう。

一般的なカードローンは利用限度額までであればいつでも借り入れしたり返済したりが可能です。

簡単にお金の出し入れができるのもカードローンならではの大きなメリットになるのではないでしょうか。

担保や保証人がいらない

一般的にカードローンを利用する際は、住宅ローンなどのように担保や保証人は必要ありません。

誰にも知られずに気軽に利用できるのもカードローンならではの良さです。

カードローンの主なデメリット

カードローンには様々なメリットがありますが、デメリットもあります。

カードローンの主なデメリット
  • 審査通過率は低い
  • 金利が高い
  • 住宅ローンやマイカーローンなどが利用しづらくなる

カードローンの主なデメリットについてわかりやすく説明をしますので、参考にしてください。

審査通過率は低い

カードローンの審査通過率は比較的審査に通りやすいといわれている消費者金融系のカードローンでも50%に満たないです。

銀行系のカードローンの審査はより厳しい傾向にあるため、全体的に審査通過率は低くなります。

審査通過率が低いのは、カードローンを利用する際のデメリットになってしまうでしょう。

金利が高い

銀行系のカードローンは、消費者金融系のカードローンに比べると金利が低いです。

しかし、カードローンの金利は住宅ローンなどの他のローンに比べると相当高いといわざるを得ません。

金利が高いとその分返済負担も大きくなってしまいます。

金利が高いのは、カードローンを利用する際の大きなデメリットになってしまうでしょう。

住宅ローンやマイカーローンなどが利用しづらくなる

カードローンの利用は決して悪いことではありません。

しかし、個人信用情報に履歴として数年間残ります。

特に消費者金融系のカードローンについては、住宅ローンやマイカーローンなどの利用がしづらくなってしまう傾向にあるようです。

将来、住宅ローンなどの利用に影響が出てしまうのはデメリットになるでしょう。

審査なしではないが5万円を借りるためのコツ

こちらの章では、5万円を借りるためのコツについて説明をします。

5万円を借りるためのコツ
  • 希望金額を大きくしない
  • 一度に複数のカードローンに申し込みをしない
  • 延滞などを絶対にしない

5万円を借りるためのコツについてわかりやすく説明をしますので、ぜひ参考にしてください。

希望金額を大きくしない

5万円を借りる確率を高くしたいのであれば、希望金額を大きくしないのは重要です。

必要なのが5万円であれば5万円で申込をするようにしてください。

利用を希望額を大きくしてしまうと審査に通過しづらくなるからです。

一度に複数のカードローンに申し込みをしない

確実に5万円を手にしたい状況の場合、一度に複数のカードローンに申込をしたくなるでしょう。

しかし、これは絶対にやめてください。

なぜなら、複数のカードローンに一度に申し込みをしてしまうと、審査通過率が悪くなってしまうからです。

カードローン会社は「この申込者はよほどお金で困っているんだな。返済能力に不安がある。」と思います。

延滞などを絶対にしない

カードローンの審査において、個人信用情報は非常に重要です。

延滞などを起こした履歴が残っていると、カードローンの利用ができる確率はぐっと落ちてしまいます。

また自己破産などの重い金融事故を起こしてしまうとまずカードローンの利用はできません。

履歴は一定期間経過すると消えます。

しかし、履歴が消えるまでは利用できなくなってしまうので、延滞などは絶対にしないでください。

5万円を借りたい人がやってはいけない注意点

カードローンの審査に落ちてしまう主な原因を5つ紹介します。

カードローンの審査に落ちてしまう主な原因
  • 返済能力がないと判断された無職、学生
  • 過去の延滞や遅延などで信用情報に問題がある
  • 短期間に複数のカードローンに申し込んでいる
  • 申込で虚偽の申告をしている
  • 在籍確認の電話連絡に対応していない

カードローンの審査に落ちてしまう主な原因について説明をします。

返済能力がないと判断された無職、学生

カードローンによっては無職や学生、主婦の方でも申し込みができます。

そして審査では、返済能力がないと判断された場合、審査に落ちてしまいます。

学生の場合は、アルバイトなどで収入を得てから申込をすることをおすすめします。

また、無職の場合についても、不動産収入などの収入があると審査時の返済能力有無のひとつの判断材料になります。

過去の延滞や遅延などで信用情報に問題がある

信用情報の中に返済の延滞などのマイナスの要素があるとカードローンの審査に通らなくなりますので注意してください。

信用情報とは、過去のクレジットカードやローンの利用履歴などです。

信用情報は、クレジットカードの審査の際に、信用情報機関からクレジットカード会社が取り寄せます。

特に、自己破産債務整理など重大な事故を起こしていると、まず審査には通らないと思っていた方が良いでしょう。

信用情報は一生涯記録されるわけではなく、一定期間が経過すれば消えます。

しかし重大な事故については5年程度記録されているので注意してください。

クレジットカードやローンを利用する際は、延滞などの事故を起こさないようにしましょう

短期間に複数のカードローンに申し込んでいる

短期間に複数のカードローンの申込をしていると審査に通りづらくなってしまいます。

なぜなら、カードローン会社から見ると、複数のカードを申し込んでいると「お金に困っている」とみなされてしまうからです。

カードローンの審査に通過する確率を高めるためには、短期間のうちに複数のカードローンに申込をするのはやめましょう

申込で虚偽の申告をしている

カードローンの申込で虚偽の申告をしてしまうと、まず審査に通過することはありません。

年収や勤務先などを良くしたい気持ちはわかりますが、正直に申告するようにしてください。

虚偽の申告をすると、審査に通らないだけではなく、そのカードローン会社で他のカードの作成も難しくなってしまいます。

虚偽の申告をする事は絶対にやめましょう

在籍確認の電話連絡に対応していない

カードローンの審査には在籍確認が原則あります。

在籍確認とは申込の際に記入した勤務先に実際に勤務しているかを確認するため、カードローン会社が勤務先に電話をすることです。

カードローン会社は個人名で電話をかけてくるので、勤務先の同僚にカードローンの申し込みをした事実を知られる心配はありません。

この在籍確認はカードローンの審査において非常に重要です。

在籍確認の電話連絡に対応しないと審査に落ちる可能性が非常に高いので注意してください。

在籍確認はすぐに終わりますし、営業などで本人が不在でもその会社に在籍が確認できれば問題ありません。

過度に恐れる必要はありませんので、しっかりと対応するようにしましょう

よくある質問

審査なしで、5万円借りるときによくある質問についてQ&A方式でまとめましたので参考にしてください。

少額融資のアプリは審査はありませんか

少額融資のアプリを紹介しましたが、少額融資のアプリであっても審査はあります。

審査なしでお金を借りるのは基本的にできませんので注意してください。

どうしても5万円が必要です。おすすめの方法を教えてください

どうしても5万円が必要であればカードローンの利用が良いでしょう。

ただし信用状況が悪いと借りられない可能性があるので、その場合は生命保険の契約者貸付や質屋の利用を検討するようにしてください。

信用情報に傷があると5万円借りるのは難しいですか

信用情報に傷がある場合、カードローンの利用がかなり難しくなってしまいます。

信用情報に傷がある状態というものは、過去に返済が滞ってしまったなどの金融事故を起こした場合、信用情報機関に情報が登録される状態のことです。

信用情報に傷がある場合は、質屋や生命保険の契約者貸付の検討をしましょう。

今日お金が必要な場合、どうすればいいですか

今日お金が必要な場合は、お金を借りられるアプリやカードローンの利用を検討するようにしてください。

カードローンの場合は、銀行系カードローンは即日の利用ができませんので、消費者金融系のカードローンの利用をするようにしましょう。

審査が不要でお金を手にする方法を教えてください

審査が不要で、お金を手にする方法は生命保険の契約者貸付や質屋、行政の制度などがあります。

どうしてもカードローンなどの審査が不安な場合は、これらの方法を検討してみてください。

まとめ

今回は、審査なしで5万円を借りる方法について説明をしました。

基本的に審査なしでお金を借りる方法はありません。

カードローンやお金を借りられるアプリの場合、必ず審査が必要になります。

ぜひ今回の記事を参考にしていただき、5万円を借りる方法についての理解を深めていただければ幸いです。

目次