個人投資家向け 株価情報NAVI

マーケット情報
日本 日経平均株価 23,391.86-18.33 (12/11 15:15)
ドル/円 米ドル/円 108.69-0.06 (12/11 20:49)

株ニュース

寄前「25日線割れを覚悟」

2019/07/18

水曜の日経平均は寄り付き61円安、大引け66円安。微妙に日足陰線で続落。3日連続の日足陰線。残念ながら「満月、株高の日」とはならなかった。「手掛かり材料が欠乏」というのが正当な解釈だろう。「21,400円近辺にテクニカルの節目が集中。これらが一定のサポートになった」という見方もある。

東証一部の売買代金は1兆8421億円。11日連続で2兆円割れと商いは低調だ。
値上がり672銘柄、値下がり1,399銘柄。新高値40銘柄、新安値45銘柄と逆転。
騰落レシオは92.97に低下。ドルベースの日経平均株価は3日続落で198.48と200ポイント割れ。
NTレシオは13.70倍。
25日線からは0.3%のプラスかい離。200日線からは0.5%のマイナスかい離。サイコロは7勝5敗で58.3%。

松井証券信用評価損益率速報で売り方▲9.291%。買い方▲10.724%。
マザーズ銘柄ネットストック信用評価損益率で売り方▲6.311%。買い方▲13.715%。
空売り比率は43.5%で87日連続の40%超。
7月12日時点の信用売残は36億円減の9,514億円。同信用買い残は594億円増の2兆1707億円。

日経HVは12.7、日経VIは13.43。REIT指数は6日続伸で2,018ポイント。
日経も材料薄からかREITの記事が目立つようになってきた。
日経平均採用銘柄のPERは12.03倍でEPSは1,784円。21,400円を割れるとPERは11倍台になる計算だ。PBRは1.07倍。

シカゴ225先物終値は大証日中比90円安の21,330円。高値21,465円、安値21,330円。
間もなくゴールデンクロスかと思われた25日線(21,405円)は足踏み。75日線(21,443円)は遠くなった。5日線(21,757円)も遠い。25日線割れとなると6月18日以来。13週線が21,400円、26週線は21,295円だ。ボリンジャーのマイナス1σが21,162円。先週までサポートだったプラス1σが21,649円。

昨日と逆でダウ輸送株指数の大幅下落とSOX指数の反発との綱引きの木曜日。
一目均衡の雲が8月19日に白くねじれているのが先行きの救いになろうか。勝手雲の上限が21,535円で下限が21,354円。こちらは紙芝居チックには6月13日以来の雲の中。

気学では「押し込むと跳ね返す日。突っ込み買いで駆け引き」。
金曜は「後場高の日。押し目買い方針で進め」。
4週連続高に土が付きそうな気配の木曜日。

 

TOP