個人投資家向け 株価情報NAVI

マーケット情報
日本 日経平均株価 21,086.59-107.22 (06/26 15:15)
ドル/円 米ドル/円 107.66+0.49 (06/26 22:40)

株ニュース

寄前「アノマリー的には株高の日」

2019/06/11

週明けの日経平均は続伸し8日ぶりの21,000円台回復。寄り付き211円高、大引け249円高で日足は4日連続陽線。令和で2回目の25日線(21,101円)超となった。2週間ぶりに21,000円台を回復。25日線を約上回ったのは1ヶ月ぶり。

26週線(21,066円)も上回っており、当面はこれらより上で推移できるかがポイント。ただし東証1部の売買代金は1兆9516億円で3日連続の2兆円割れ。

値上がり1,783銘柄、値下がり294銘柄。新高値86銘柄、新安値9銘柄。
騰落レシオは87.20。NTレシオは13.61倍。25日線からは0.2%のプラスかい離。200日線からは2.7%のマイナスかい離。サイコロは5勝7敗で41.7%。

松井証券信用評価損益率速報で売り方▲8.683%。買い方▲12.416%。
マザーズ銘柄ネットストック信用評価損益率で売り方▲3.899%。買い方▲20.071%。
空売り比率は40.6%まで低下したがそれでも61日連続の40%超。空売り規制なし銘柄の比率は7.9%まで上昇。8%が第一次限界とみれば「ソロソロ」という水準だ。

日経HVは12.5、日経VIは17.15。日経平均採用銘柄のPERは11.91倍でEPSは1,774円。
21,294円でPER12倍復活だ。PBRは1.06倍。

シカゴ225先物終値は大証日中比30円安の21,120円。高値21,250円、安値21,075円。
NYダウは昨年5月の8連騰以来となる6日続伸。「5連騰まではよくあること。それ以上の続伸は珍しい」という声もある。

26週線が21,088円、13週線21,434円、52週線21,822円。12ヶ月線(21,744円)が24か月線(21,748円)を下抜け大変が6ヶ月線(21,184円)は上向き。

週足の一目均衡の雲の下限は22,397円とまだ高い。日足の雲の下限は21,395円。週足の勝手雲の下限は20,823円は抜けて雲の中。上限は21,200円だ。

3月メジャーSQ値21,348円→4月SQ値21,870円→5月SQ値21,451円。これを上回る推移に期待の週。

気学では「人気一新、変化を見せる重要日」。
アノマリー的には「株高の日」。
水曜は「押し目買い方針の日」。
木曜は「相場の居所が安値にある時は急伸する」。
金曜は「高日柄なれど飛びつき買い警戒、吹き値売り方針」。

 

TOP