個人投資家向け 株価情報NAVI

マーケット情報
ドル/円 米ドル/円 107.94-0.06 (07/18 07:37)

株ニュース

NY「反落」

2019/04/16

週明けのNY株式は反落。S&P500は4日ぶりの反落。
背景は軟調だったゴールドマンの5四半期ぶりに軟調な決算。
「債券や為替、株式などの取引が低調で年1~3月期は減収減益。1株利益は市場予想を上回ったが、純営業収益が市場予想以上に減少したのが嫌気された」との解釈だ。ゴールドマンは4%近く下落。1銘柄でダウ平均を約53ドル押し下げた。

墜落事故を起こした新型機「737MAX」の運航停止を初夏まで続ける米空運大手が相次いでいると伝わったボーイングの下落も響いた。

NYダウは一時95ドル安まで下げる場面があったが、売り一巡後は下げ渋り。ヘルスケアセクターの上昇が相場を支えた格好だ。

ウォルト・ディズニーが上昇。タイガー・ウッズがマスターズトーナメントで14年ぶりに優勝したことからスポンサーのナイキも買われた。

先週末時点で主要3指数のサイコロジカルラインは過熱圏だった。
S&P500は11勝1敗、NASDAQは9勝3敗、NYダウは8勝4敗。
「自律調整」といっても良いかもしれない。

NY製造業景況指数は10.1と前月から6.4ポイント上昇。上昇は2カ月ぶり。市場予想(5.3)を上回った。ただ米中貿易交渉に対する警戒感が高まっていた昨年12月の11.5を下回っている。

表面利率2.625%の10年物国債利回りは前週末比0.01%低い(価格は高い)2.55%。週末は聖金曜日で債券市場は休場、18日は短縮取引。「今週は休暇を取る債券市場関係者が多く積極的な取引を見送るムード」という声が聞こえる。

今週発表予定の鉱工業生産や小売売上高などが改善すれば、米景気の減速懸念が和らぐとの見方が円の重荷。日米貿易交渉で為替条項が加わるとの懸念も円買いを誘ったという見方もある。ドル円は112円を挟んだ水準。

ダウ輸送株指数は0.84%下落。VIX(恐怖)指数は12.32。SKEW指数は127.69。
赤とピンクの明るいカラーの観客が目立った米ゴルフメジャーのマスターズ。
ファッションカラーからは景気は悪くないと解釈できようか。

 

TOP