個人投資家向け 株価情報NAVI

マーケット情報
日本 日経平均株価 22,200.56+110.44 (04/19 15:15)
ドル/円 米ドル/円 111.92-0.05 (04/20 06:30)

株ニュース

No.526「需給だけの」

2019/01/16

「セルボラ」という言葉が登場し始めた。
市場で聞こえるのは「セルボラ潰しのAIでも登場し始めた?」の声。
セルボラはボラティリティの売りの略語。
例えば・・・。
株価の急落時等に割高になったプットを売る。
同時に株価指数先物を売りヘッジする。
しかしプットのウリの利益が先物売りでヘッジ出来なくなくなることもある。
そんな時は先物売りを増やさなければならず泥沼となる。
今はそんな状況ではないが、日経平均で17,000円レベルに仕組債の爆弾があるともいう。
昨年末は時価に近いオプションも割高に買われたという。
興味深いのはその解釈。
「明日のことはわからない。
そういう市場の不透明感の結果」。
相場の先行きが極端に見えなくなると発生するのがこの状況。
ボラの低下を招きゆがみが生じているという。
見えないところで起こっている戦いは、なかなか理解し難いものでもある。

1月30日に実施されるTOPIXの浮動株比率の定期見直しによるリバランス。
通信子会社のソフトバンク(9434)に対しては売買代金で2,219億円。
2.9日分の買いインパクトが見込まれるという。
次が武田(4502)の1,965億円、4.76日。
オラクル(4716)が58億、アサヒインテック(7747)54億円、
ペプチド(4587)31億円、未来工業(7931)27億円、クスリのアオキ(3549)25億円、
ベイカレント(6532)24億円、アルテリア(4423)20億円。
業績などには全く関係ない需給だけの株価変動要因だ。

日経ヴェリタスのびっくり予想2019。
ちなみに昨年の的中率は3割だった。

消費増税延期
衆参ダブル選挙で自民大敗、小泉進次郎氏が連立政権首班に
日銀が金融緩和の解除に舵を切る
トランプ大統領電撃辞任、ペンス副大統領昇格
トランプ大統領の執拗な利下げ要求に抗議しFRBパウエル議長辞任
中国景気の悪化で中国共産党に反発激化、政変勃発
韓国と北朝鮮が統合
WTI原油がバレル30ドル前後に急落、中東産油国のソブリンファンドが保有株を大量売却
米、サウジ、イスラエルによるイラン攻撃
英国が再度国民投票実施、EU残留を決定
ソフトバンクGの信用リスクが急速に高まる
国内完成車メーカーが米テスラを買収

市場ではクレディの先物手口についての考察。

クレディは1月8日から15日までに5日連続で日経先物を買い越し。
12月は3日から11日まで売り越し継続。
18日から27日までも一貫して売り越し。
直近で大きく買い越し基調が続いたのは18年9月13日から10月4日までの14日連続。
「年末年始の急落から基調が持ち直すなかで両社の買いが継続するかは注視したい」との声だ。

★日経平均先物の日中手口
 日付  クレディ・スイス 野村
2019/1/15 1510 2013
2019/1/11 852 1917
2019/1/10 1340 2640
2019/1/ 9 1179 1389
2019/1/ 8 675 1245
2019/1/ 7 -265 1906
2019/1/ 4 1546 1467

◇━━━トラッキング━━━◇

・・・7%上昇はタッチ、5%下落はロスカット

12/27☆プレミアG(7199)3,100円→3,140円 堅調
12/28◇グレイステクノロジー(6541)1,714円→1,948円 タッチ
 1/04◇MDV(3902)910円→914円 タッチ
 1/07◇GSユアサ(6674)2,172円→2,326円 タッチ
 1/08◆SOU(9270)6,600円→5,360円 ロスカット
 1/09★HEROZ(4382)7,130円→6,940円 調整
 1/10★ヒビノ(2469)2,205円→2,110円 調整
 1/11★PCI(3918)2,221円→2,270円 堅調
 1/15☆日新(9066)1,836円→1,867円 堅調
 1/16☆セック(3741)3,595円→3,715円 堅調

 

TOP