個人投資家向け 株価情報NAVI

マーケット情報
日本 日経平均株価 22,200.56+110.44 (04/19 15:15)
ドル/円 米ドル/円 111.92-0.05 (04/20 06:30)

株ニュース

寄前「SBの初値以降の動きに左右されそうな水曜日」

2018/12/19

急落の火曜日。
日経平均は寄り付き231円安、終値391円安。
NYダウの今年500ドル超の下落は13回。
過去12回は日経平均は平均で480円程度下落していたから少しはマシかも知れない。
とはいえ終値ベースでは3月29日以来の安値。
10月26日のザラバ安値を上回っているため、底値圏で踏ん張っているような印象。
しかTOPIXは年初来安値を更新し17年5月18日以来の水準。
1月23日の高値(1,911ポイント)からは下落率18.5%。
「弱気相場入り目前の状況」という声が聞こえる。

騰落レシオ74.3まで低下。
2月14日の71.81、6月25日の75.13、11月1日の70.97。
これが年初からの調整局面でのボトムだった。
値上がり132銘柄、値下がり1,982銘柄。
新高値1銘柄、新安値723銘柄。
「そろそろ底値水準」という見方もある。

NT倍率は13.51倍で今年最大。
25日線(21,749円)からは2.9%、200日線(22,288円)からは5.3%のマイナスかい離。
5日線(21,483円)も下抜けてきた。
13週線はすでにデッドクロスし26週線と52週線のデッドクロスも予測される。

松井証券信用評価損益率速報で売り方▲4.840%。買い方▲18.008%。
マザーズ銘柄ネットストック信用評価損益率で売り方△0.283%。
買い方▲26.489%。(10月29日▲30.29%)
空売り比率は46.3%で12日連続40%超。
12月14日時点の信用買い残は前週比536億円減の2兆9,738億円。
同信用売残は190億円減の7,428億円。

日経HVは20.5。日経VIは22.64。
日経平均採用銘柄のPERは11.80倍。EPSは1,789円。
シカゴ225先物終値は大証日中比100円安の20,970円。
高値21,265円、安値20,945円。
権利配当落ち分が60円程度が逆ザヤだから現物の21,000円台はキープの格好。
勝手雲は今日黒くねじれておりその水準は21,971円と上にいる。
ボリンジャーのマイナス2σは21,045円で昨日もサポート。
マイナス1σは21,397円だ。
24ヶ月線21,329円と3月月中平均21,395円の奪還が課題。
月足陽線基準22,574円は上。昨年比プラス基準22,764円は遠い。
12月26日(株高の日)から3連騰と決め打ちすれば仕込み場面と言えるのだろうが投資心理はそこまで暖かくない。
PBR1倍割れ銘柄が1,000を超えたが、「割安」と見るか「だめはだめ」と見るかは微妙だ。

東証1部平均では1.15倍。
株式益回りは7.59%とまた上昇してきた。
SBの初値以降の動きに左右されそうな水曜日。
気学では「人気に逆行して動く日」
木曜は「不時の高下を見せる。後場の波動に注意」
金曜は「弱体日。戻り待ち売り方針良し」

 

TOP