個人投資家向け 株価情報NAVI

マーケット情報
日本 日経平均株価 21,405.60-58.63 (02/22 13:03)
ドル/円 米ドル/円 110.75+0.04 (02/22 13:02)

株ニュース

寄前「気学では後場安なら買いと」

2018/12/17

日経平均株価は寄り付き178円安。一時463円安で終値441円安とほぼ安値引け。400円以上の動きは今月5回目(上昇1回、下落4回)。21,373円はほぼ3月月中平均まで戻してしまった。24ヶ月線(21,339円)がまたサポ―トラインだ。

日銀短観で製造業、非製造業とも先行きの業況判断が悪化。NY株の時間外取引、中国株が軟調に推移。外部の悪材料が重なったという印象だ。
中国の小売売上高は前年同月比8.1%増、前月比8.6%増。市場予想の8.8%増を下回っての着地。数字的には2003年5月の4.3%増以来以来15年半ぶりの低い数字。「薄気味が悪い」という悲観論もあった。
中国共産党と政府が2019年の経済政策を討議する「中央経済工作会議」が開催予定。やはり課題は中国となっているようだ。

TOPIXは年初来安値。「連日の大幅上昇で少し雰囲気が良くなったと思ったら、一転して大幅下落」という格好だ。
日経平均は週間では303円の下落。週初が安かったことから週足は陽線。
SQ値(21,618円)は終値ベースで下回り1敗。新高値8銘柄、新安値152銘柄。NT倍率は13.43倍。25日線からは2.1%、200日線からは4.1%のマイナスかい離。

松井証券信用評価損益率速報で売り方▲5.970%。買い方▲15.605%。マザーズ銘柄ネットストック信用評価損益率で売り方▲0.938%。買い方▲21.132%。
空売り比率は47.0%と10日連続10%超。空売り規制なし銘柄の比率は10.1%と9月14日の10.4%に肉迫。

日経HVは19.6、日経VIは21.69。日経平均採用銘柄のPERは11.97倍。EPSは1,785円。
シカゴ225先物終値は大証日中比75円安の21,225円。高値21,690円。安値21,180円。5日線(21,442円)奪還が急務。
勝手雲の下限は21,971円。ボリンジャーのマイナス1σが21,478円。マイナス2σが21,184円。

気学では「波乱含みの日。後場安なら買い」。
火曜は「転機を司る重要日。波動について駆け引きせよ」。
水曜は「人気に逆行して動く日」。
木曜は「不時の高下を見せる。後場の波動に注意」。
金曜は「弱体日。戻り待ち売り方針良し」。

 

TOP