個人投資家向け 株価情報NAVI

マーケット情報
日本 日経平均株価 21,566.85-17.65 (03/19 15:15)
ドル/円 米ドル/円 111.39-0.02 (03/20 03:38)

株ニュース

寄前「PER11倍の次は」

2018/12/11

週明けは週末のNY株安を受けた格好での大幅反落。一時148ドルドル高まであったNYダウは午後には一時662ドル安。
日経平均は寄り付き359円安。終値は459円安。TOPIXは年初来安値(終値ベース1,589ポイント、ザラ場1,581ポイント)に接近。あと0.25ポイントで年初来安値更新水水準だ。マザーズ指数は3%の下落となった。

米中貿易摩擦の行方への警戒感に金利の変動、そして原油価格の騒動が加わり結局売りの材料満載ながら主役不在といったところ。
「結局NYに付き合っただけ」という見方も間違ってはいなかろう。値上がり149銘柄(前日1,016)、値下がり1,951銘柄(前日1,028)。新高値4銘柄(前日14)、新安値442銘柄(前日218)。騰落レシオは86.87まで低下した。

「10月26日安値20,971円が見えてきた」とい見方もある。日経平均が5000円近く下げた割には場中は静かな地合い。「下がらないけど上がらないという状況では気味が悪い」という声も聞こえる。もっとも個別では銀行セクターや主力銘柄には日足陽線の銘柄もチラホラ。

10年国債利回りが0.04%まで低下したことを踏まえると不自然な動きだ。24か月線(21,333円)は下回った。NT倍率は13.38倍。25日線からは3.3%、200日線からは4.9%のマイナスかい離。

松井証券信用評価損益率速報で売り方▲5.663%(前日▲7.775%)。買い方▲15.847%(前日▲13.912%)。マザーズ銘柄ネットストック信用評価損益率で売り方 ▲1.19%(前日▲4.04%)。買い方▲21.7%(前日▲19.23%)。空売り比率は45.9%で6日連続40%超。

日経HVは17.8、日経VIは23.92。日経平均採用銘柄のPERは11.94倍とアベノミクス相場の最低水準。EPSは1,777円と低下。

シカゴ225先物終値は大証日中比10円安の21,325円。高値2,130円。安値20,945円。
勝手雲の下限は21,913円。明日白くねじれているから「火曜は買い場」という見方は可能だ。
ボリンジャーのマイナス2σは21,283円。マイナス3σ20,959円が限界だ。

気学では「前日が高かりし時はこの日反落する」。
水曜は「波乱激しく前後場歩調を変えて動く」。
木曜は「大 突込みは底入れとなる」。
金曜は「戻り売りの日なれど下寄り突っ込みは見送れ」。

 

TOP