個人投資家向け 株価情報NAVI

マーケット情報
日本 日経平均株価 21,506.88+132.05 (12/17 15:15)
ドル/円 米ドル/円 112.73-0.64 (12/18 03:45)

株ニュース

寄前「もういいだろう、という感じ」

2018/12/07

日経平均は寄り付き153円安で大引け417円安と3日続落。この間の下落幅は1,000円超。その前の7日続伸で上昇した分は帳消しとなった。
市場では「ファーウェイ・ショック」という声。中国の通信機器最大 手・華為技術(ファーウェイ)副会長CFOの孟晩舟氏がカナダ当局によって逮捕。この報道が悪材料視された。

寄り付き段階ではさほど材料視されなかったが台湾や上海などの株安を背景に下落幅を拡大した。
値上がり253銘柄、値下がり1,828銘柄。新高値4銘柄、新安値228銘柄。騰落レシオは96.10まで低下した。ソフトバンクの通信障害も悪材料となった。

「結局、日経平均が1.91%下げたのに対し、標的とされた中国の上海市場は下落率が1.6%。ボラの高さを印象づけた」という見方だ。
ただ日経平均が11月24日の安値21,243円を割り込まなかったのは救いだろう。NT倍率は13.35倍。25日線(21,974円)からは2.2%、200 日線(22,312円)からは3.6%のマイナスかい離。

松井証券信用評価損益率速報で売り方▲6.668%。買い方▲14.020%。マザーズ銘柄ネットストック信用評価損益率で売り方 ▲2.58%。買い方▲19.41%。空売り比率は47.2%と上昇。空売り規制なし銘柄の比率は8.7%とほぼ限界値まできた。

日経HVは17.5、日経VIは22.24。日経平均採用銘柄のPERは12.09倍。EPSは1,778円。

シカゴ225先物終値は大証日中比130円高の21,580円。高値21,900円、安値21,075円。
勝手雲の下限は21,662円、上限は21,913円。12日の白いねじれに頼りたいところ。ボリンジャーのマイナス1σが21,679円。マイナス2σは21,384円。ココが抵抗線だろう。
24ヶ月移動平均(21,345円)も同様だ。まずは5日線(22,076円)の奪還が求められる。

気学では「強調をみせても 飛びつき買い警戒し売り狙え」。
しかし月曜は「転機をつくる重要日」だ。

 

TOP