個人投資家向け 株価情報NAVI

マーケット情報
日本 日経平均株価 21,583.12-238.04 (11/20 15:15)
ドル/円 米ドル/円 112.34-0.14 (11/20 22:23)

株ニュース

寄前「海外勢は大幅売り越し」

2018/10/19

木曜は反落。日経平均株価は寄り付き30円高。米財務省の為替報告書で「為替操作国」認定を免れたことなど関係なく上海総合指数は年初来安値を更新し2,500ポイント割れ。2014年11月以来、ほぼ4年ぶりの水準まで下落。これを嫌気し日経平均の大引けは182円安。

新高値14銘柄、新安値26銘柄。騰落レシオは105.21と低下した。東証1部の売買代金は2兆2,700億円。9月11日の2兆1,117億円以来の水準に減少。
「買い物がまったく入らないところに、マバラの売りが続いた」という声が聞こえる。「今週は4営業日すべてで3ケタの日中値幅。先週末との比較では36円の下落とほとんど動いていない。ただ、前週は4ケタの下落だったから下げ止まり感も」との声が聞こえる。

5日線は割り込まず。52週線(22,529円)、200日線(22,501円)がサポートした格好だ。25日線から は3.1%のマイナス乖離。20日線からは0.7%のプラスかい離。空売り比率は45.6%で13日連続の40%超。日経VIは22.39と上昇。

日経平均のPERは13.11倍。EPSは1,728円。SQ値(22,313円)に対しては4勝1敗と勝ち越してはいる。10月2週の海外勢投資家は現物で4週ぶりに売り越し、売越額は3,290億円。
先物は3週連続の売り越しで、売越額は1兆4,890億円と過去最大レベル。現物・先物の合計売越額1兆8,180億円は15年8月4週(1兆8,503億円)以来の高水準となった。

シカゴ225先物終値は大証日中比275円安の22,315円。明るくない週末。

 

TOP